佐藤琢磨、インディカー・シリーズ 公式テストにてcopyright indycar.com

佐藤琢磨、インディカー公式テストを総合トップで締め括る!レイホール勢が最速連発

  • 最終更新:

2月9日からの2日間の日程で開催された2018年インディカー公式フェニックス・オープンテストが終了、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰した佐藤琢磨が総合トップの座を手にした。

開幕戦前唯一の公式テストには全23台が参加し、昼・夜と時間帯の異なる計4回のプラクティス・セッションが実施された。初日に電気系統のトラブルに見舞われる場面もあったが、琢磨は1回目、3回目のセッションでトップスピードを記録、最終4回目には総合トップとなる189.855mph(19.3790秒)をマークした。

会場のISMレースウェイは、1周僅か1マイル程のショートオーバルコース。今季導入されたユニバーサル・エアロキットでは十分なダウンフォースを発揮できず、各車調整と対応に追われた。ダウンフォース量の減少はタイヤのデグラデーションを悪化させるため、これまで以上にタイヤマネジメントが重要となる。

チームメイトのグラハム・レイホールは総合5番手。ホンダエンジンを搭載するレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは計4回のセッションで最速を記録し、シボレー勢を圧倒。佐藤琢磨は初のシリーズ優勝に向けて、好調なスタートを切った。

2018年インディカー フェニックス・オープンテスト総合結果

Pos. No. Driver Team Engine Speed
1 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン ホンダ 189.855 mph
2 12 ウィル・パワー チーム・ペンスキー シボレー 189.769 mph
3 14 トニー・カナーン A.J.フォイト シボレー 189.632 mph
4 1 ジョセフ・ニューガーデン チーム・ペンスキー シボレー 189.399 mph
5 15 グラハム・レイホール レイホール・レターマン・ラニガン ホンダ 189.090 mph
6 98 マルコ・アンドレッティ アンドレッティ・ハータ・オートスポート ホンダ 189.008 mph
7 27 アレキサンダー・ロッシ アンドレッティ・オートスポート ホンダ 188.940 mph
8 9 スコット・ディクソン チップ・ガナッシ ホンダ 188.530 mph
9 22 シモン・パジェノー チーム・ペンスキー シボレー 188.430 mph
10 28 ライアン・ハンター=レイ アンドレッティ・オートスポート ホンダ 188.331 mph
11 18 セバスチャン・ブルデー デイル・コイン ホンダ 187.958 mph
12 10 エド・ジョーンズ チップ・ガナッシ ホンダ 187.696 mph
13 4 マティオス・レイシ A.J.フォイト シボレー 187.431 mph
14 21 スペンサー・ピゴット エド・カーペンター シボレー 187.308 mph
15 19 ピエロト・フィッティパルディ デイル・コイン ホンダ 187.217 mph
16 6 ロバート・ウィッケンズ シュミット・ピーターソン ホンダ 186.293 mph
17 26 ザック・ビーチ アンドレッティ・オートスポート ホンダ 186.232 mph
18 23 チャーリー・キンボール カーリン シボレー 186.177 mph
19 59 マックス・チルトン カーリン シボレー 185.558 mph
20 88 ギャリー・チャペス ハーディング シボレー 184.672 mph
21 20 エド・カーペンター エド・カーペンター シボレー 184.182 mph
22 5 ジェームス・ヒンチクリフ シュミット・ピーターソン ホンダ 185.533 mph
23 32 カイル・カイザー ユンコス シボレー 181.808 mph