ミッドオハイオを走るインディカーマシン、2020年ホンダ・インディ200にてcopyright Indycar

インディカー、全17戦の2021年カレンダーを発表…第105回インディ500は5月30日

  • Published:

NTTインディカー・シリーズは米国インディアナポリス現地10月1日(木)、17戦から成る2021年シーズンのレースカレンダーを発表した。26回目のシーズンを迎える北米最高峰のオープン・ホイールは、3月7日のフロリダ州セント・ピーターズバーグで開幕を迎える。

セント・ピーターズバーグが開幕の舞台を務めるのは10年連続。4月には伝統のロングビーチ・グランプリが開催され、9月19日のラグナセカ・レースウェイがシーズンフィナーレを担当する。第105回インディアナポリス500マイルレースは5月30日に行われる。

来季はインディ500を前にした5月1日~2日に、テキサス・モータースピードウェイでの初のダブルヘッダーを予定する。ペンスキー・エンターテインメント社のマーク・マイルズ社長兼CEOは「インディ500を前にオーバルでの2戦を行うことは、イベントの成長にとっても戦略的に非常に重要だ」と語る。

8月は、ストリート、ロード、オーバルでの連戦が計画されており、その一発目は、初開催となるミュージック・シティGPが務める。テネシー州ナッシュビルのストリート戦は、ダウンタウンとNFLテネシー・タイタンズの本拠地、日産スタジアム周辺に仮設されるコースで8月8日に決勝レースが行われる。

初開催のコースが登場する一方で、カレンダーには伝統的なレースが名を連ねる。スケジュールに記されている半分以上のイベントは16年以上前から変わっておらず、36年目を迎えるロングビーチとミッド・オハイオを筆頭に、デトロイト、ロードアメリカ、トロント、ポートランド・インターナショナル・レースウェイでのレースが行われる。

オーバルは僅か3戦のみで、ロードコースが7戦、ストリートが5戦を占める。

2021年インディカー開催カレンダー

ラウンド 日程 開催地 種別
第1戦 3月7日 St.ピーターズバーグ ストリート
第2戦 4月11日 バーバー ロード
第3戦 4月18日 ロングビーチ ストリート
第4戦 5月1日 テキサス1 オーバル
第5戦 5月2日 テキサス2 オーバル
第6戦 5月15日 IMSロード1 ロード
第7戦 5月30日 インディ500 オーバル
第8戦 6月12日 デトロイト1 ストリート
第9戦 6月13日 デトロイト2 ストリート
第10戦 6月20日 ロードアメリカ ロード
第11戦 7月4日 ミッドオハイオ ロード
第12戦 7月11日 トロント ストリート
第13戦 8月8日 ナッシュビル ストリート
第14戦 8月14日 IMSロード2 ロード
第15戦 8月21日 ゲートウェイ オーバル
第16戦 9月12日 ポートランド ロード
第17戦 9月19日 ラグナセカ ロード