カタロニア・サーキットの電光掲示板copyright Pirelli & C. S.p.A.

F1インシーズンテスト《初日》午前速報:レッドブル・ホンダ快調、ボッタスが暫定トップ

  • 最終更新:

2019年シーズン2回目となるF1公式インシーズンテストが、5月14日(火)にカタロニア・サーキットで開幕した。現地9時に気温13度、路面温度28度のドライコンディションでグリーンフラッグを迎え、午前の4時間のセッションが終了した。

インシーズンテスト初日最終結果

今回のテストには10チーム全てがエントリーし、レーシングポイントとスクーデリア・フェラーリのみ2台のマシンを投入。2020年仕様のピレリタイヤの開発テストに協力する。

4時間を終えて暫定トップタイムを記録したのは、先日のF1スペインGPでポールポジションを獲得したメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス。1分16秒525をマークして、全12台の中で唯一16秒台に入れ込んだ。2番手はフェラーリのシャルル・ルクレール。3番手にはマクラーレンのカルロス・サインツが続いている。

レッドブル・ホンダはこの日、ピエール・ガスリーがRB15をドライブ。精力的に走り込みを行い、暫定最多周回となる77周を走破して4番手タイムを記録した。ホンダエンジンを積むもう一台、スクーデリア・トロロッソはダニール・クビアトが担当。57周を走り6番手タイムを刻んでいる。

規約に従いこの日は、4チームが若手ドライバーを起用。ハースからは、70年代に2度のF1ワールドチャンピオンに輝いたエマーソン・フィッティパルディを祖父に持つピエトロがドライブ。暫定7番手につけている。

レーシングポイントは、今季チャイナGTシリーズに参戦する英国出身のニック・イェロリーを起用。55周を走り込み、10番手タイムを記録した。アルファロメオからは、フェラーリジュニアのカラム・アイロットが参戦。11番手をマークした。

今季FIA-F2選手権をリードするニコラス・ラティフィはウィリアムズFW42をドライブ。開発で大きく遅れているグローブのチームを支えるべく、66周を走り込み生産的なセッションを過ごしている。

テストは一時間のランチブレイクを挟んだ後、現地14時から18時まで午後の部が開催される。

第2回プレシーズンテスト《初日》午前結果速報

ピレリはC1からC5までの5種類のコンパウンドを投入。C1が最も硬く、C5に向かって徐々に柔らかくなる。

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:16.525 C3 69
2 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:17.322 C3 66
3 カルロス・サインツ マクラーレン 1:18.263 C2 64
4 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:18.284 C2 77
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:18.425 開発 58
6 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:18.597 C3 57
7 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:18.917 C4 17
8 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:19.718 開発 57
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:20.239 C2 26
10 ニック・イェロリー レーシングポイント 1:20.609 C3 55
11 カラム・アイロット アルファロメオ 1:20.638 C2 31
12 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 1:21.008 C2 66
13 ランド・ノリス マクラーレン