ルノーの2018年フォーミュラEマシンcopyright LAT/Formula E

フォーミュラEマシン 技術データ及びスペック・諸元表《2017/18シーズン版》

  • 公開日時:

2017/18シーズンのフォーミュラEマシンは、幅を除いて2016年型のF1マシンサイズとほぼ同じ寸法を持つ。唯一大きく異なるのはホイールベース。フォーミュラEは道幅の狭いタイトな市街地コースでのレースとなるため、F1よりも短いホイールベースが採用されている。3,100mmという長さは、17年F1マシンの中で最も短いウィリアムズの3,545mmと比べても更に短い。

パワーユニットは電動モーター、最高出力は1000馬力のF1マシンを比べると見劣りする270馬力で、最高速度は225km/hに制限されている。タイヤはミシュラン製の全天候型18インチ、ウェット・ドライの別はない。週末には1台につき6本のタイヤが供給される。

フォーミュラEマシン主要諸元表

17/18シーズン型NEXT EV フォーミュラEマシン
© Sam Bloxham/LAT/Formula E、NEXT EVの17/18年型マシン

初年度はダラーラ製シャシーにマクラーレン製電気モーター、そしてウィリアムズ製バッテリーシステムとヒューランド製5速ギアボックスを備えた「スパーク・ルノー・SRT_01E」のワンメイク。2シーズン目以降はレギュレーションが変更され、モーター、インバーター、ギアボックス、冷却システムの独自開発が認められた。

3rdシーズンでは、ABTシェフラー、アンドレッティ、バージン、ジャガー、マヒンドラ、NextEV、ペンスキー、ルノー、ベンチュリーの9チームがパワートレインを独自開発している。開幕シーズンから全幅・全長は変わらないものの、車高が1,250mmから1,050mmへと下げられ、フロントアクスルは1,300mmから1,528mmへと拡大されている。

寸法 全長 5,000mm
全幅 1,780mm
全高 1,050mm
前輪幅 1,528mm
後輪幅 1,492mm
乗車高 75mm (最大)
ホイールベース 3,100mm
最小重量 880kg
ドライバー・バッテリ(320kg)含
性能 最大出力 200kW(270馬力)
レースモード 180kW(240馬力)
追加出力 150kw
0-100km/h加速 3秒
最高速 225km/h(リミッター)
ホイール タイヤ ミシュラン特注
18インチ全天候
“パイロットスポーツEV2”
リム幅 前:260mm
後:305m
リム直径 前:650mm
後:690mm
ミッション 種別 後輪駆動
ギアボックス パドルシフト式シーケンシャル

リアが重くフロントが軽いためアンダーステアがかなり強く、他のフォーミュラカーとは異なるドライビングが求められる。

フォーミュラEのホイール
© LAT/Formula E、伊OZ Racing製マグネシウムホイール

第5シーズンとなる2018/19年マシンの外観は大幅に変更される見通しとなっており、伝統的なリアウイングがない近未来的なデザインになると見られている。