ソフィア・フローシュとVan Amersfoort Racingのオーナーであるフリッツ・ファン・アメルスフォールトcopyright FIA F3

F3マカオGP:ソフィア・フローシュの手術が無事成功、脊髄の損傷はなく全身・半身不随の恐れなし

  • 最終更新:

F3マカオGPでクラッシュを喫し重症を負ったソフィア・フローシュの手術が19日(月)に行われ無事成功した。懸念されていた半身不随の恐れはない模様で、再びレース競技に復帰できる見込みが高まった。

17歳のドイツ人の女性ドライバー、フローシュは18日(日)に開催されたF3ワールドカップの決勝レースで、時速270kmを超えるスピードからクラッシュを喫し脊椎を骨折。即座に地元の病院へと搬送され、事故発生の翌日に腰の骨を使って脊椎を修復する手術が行われた。

脊椎(せきつい)は骨折していたものの脊髄(せきずい)の損傷はなく、10時間近くに渡る大手術は無事に成功。脊髄は脳と身体をつないでいる神経であり、これが損傷すると手足に麻痺が生じたり臓器が上手く機能しなくなる事がある。

所属チームVan Amersfoort Racingのオーナーであるフリッツ・ファン・アメルスフォールトがBBCに明らかにしたところによれば、術後の経過も順調で、麻痺や不全麻痺等の恐れは”全く”ないという。フローシュは今後2週間程度は病院で治療を受ける見通しだ。

フローシュはマカオGPの4周目に僚友ユアン・ダルバラのマシン後方に接触。その後イン側の縁石に乗り上げ宙を舞い、トムスの坪井翔のマシンに追突した後に鉄製フェンスを突き破った。勢いそのままにコース外の仮設スタンドに激突。付近にいた関係者が怪我を負った。

クラッシュにより負傷した他の4名の内、トムスの坪井翔と日本人カメラマンの南博幸氏は既に退院。頭部を中心に複数箇所に重傷を負ったマーシャルのChan Cha In氏は3・4日で退院する見込み。肝裂傷を負ったフォトグラファーのChan Weng Wang氏は、今後10日程は病院で治療を受ける見通しとなっている。

事故発生後に元F1ドライバーのジェンソン・バトンが指摘した様に、死傷者が出るなど更に悲惨な事態に発展した可能性があるほどの大事故だったにも関わらず、5名が全員回復に向かっている事はこれ以上ない吉報であり奇跡的と言える。