F2サクヒールのレースの様子
copyright Formula Motorsport Limited

角田裕毅、待望の来季F1デビューに向けF2最終戦で表彰台…ランキング3位を獲得!チャンピオンはミック・シューマッハ

  • Published:

FIA-F2選手権の今季最終レース、第12戦サクヒールのレース2が12月6日(日)にバーレーン・インターナショナル・サーキットのアウタートラックで行われ、角田裕毅(カーリン)が僚友ユアン・ダルバラに次ぐ2位表彰台を獲得した。3位はダン・ティクタム(ダムス)、佐藤万璃音(トライデント)は16位に終わった。

この結果、角田裕毅はシーズンを通して優勝3回、ポールポジション4回、表彰台7回を獲得して200ポイントを計上。参戦初年度にして、2位カラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)に1点差のドライバーズランキング3位を獲得した。

総合チャンピオンに輝いたのは、ハースからの来季F1デビューが決まっているミック・シューマッハ(プレマ)だった。F2での2年目を迎えた今年、7度のF1ワールドチャンピオンの息子はポールポジションなく優勝2回に留まったものの、計10度の表彰台に上がって215点でシリーズを初制覇した。

F1出走要件のFIAスーパーライセンス取得のためには、所定のシリーズに参戦して予め定められたライセンスポイントを40点集める必要があるが、F2でのランキング3位によって角田裕毅はこの条件を満たす事になる。チーム首脳陣はデビューさせる意向を明らかにしており、もはや来季アルファタウリ・ホンダでのF1デビューに向けた障害はない。

なおミック・シューマッハのチームメイトとして、同じくF1デビューが決まっているニキータ・マゼピン(ハイテック)は9位フィニッシュを果たし、計164ポイントでのランキング5位でシーズンを終えた。

更新中…

Pos No Driver Team Laps Gap
1 8 ユアン・ダルバラ カーリン 34
2 7 角田裕毅 カーリン 34 3.561
3 2 ダン・ティクタム ダムス 34 3.902
4 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 34 5.615
5 21 ロバート・シュワルツマン プレマ 34 7.585
6 14 ジュリアーノ・アレジ MPモータースポーツ 34 9.04
7 25 ルカ・ギオット ハイテック 34 11.093
8 15 フェリペ・ドルゴヴィッチ MPモータースポーツ 34 13.878
9 24 ニキータ・マゼピン ハイテック 34 14.536
10 4 カラム・アイロット ユニ・ヴィルトゥオーシ 34 16.023
11 12 ペドロ・ピケ チャロウズ 34 16.157
12 6 クリスチャン・ルンガー ARTグランプリ 34 17.051
13 11 ルイ・デレトラズ チャロウズ 34 20.176
14 5 マーカス・アームストロング ARTグランプリ 34 21.844
15 22 ロイ・ニッサニー トライデント 34 23.639
16 23 佐藤万璃音 トライデント 34 26.089
17 1 ショーン・ゲラエル ダムス 34 26.759
18 20 ミック・シューマッハ プレマ 34 28.529
19 10 ギリェルメ・サマイア カンポス 34 35.936
20 16 アルテム・マルケロフ HWA 34 59.769
21 17 テオ・ポルシェール HWA 33 1 LAP

F1サクヒールGP特集