2014年から2018年までのメルセデス製F1パワーユニット
copyright Daimler AG

F1アイフェルGP:パワーユニット投入状況…メルセデスが遂に3基目、ホンダも新品を投入

  • Published: Updated:

国際自動車連盟(FIA)の正式発表を元に、2020年F1第11戦アイフェルGPの3回目のフリー走行開始時点における各ドライバー(マシン)毎のパワーユニット使用状況を以下にまとめる。初日フリー走行は悪天候のために中止された。

ニュルブルクリンクでの週末に際して、最強の信頼性とパフォーマンスを誇るメルセデス並びに、フェラーリとホンダが、規約上限目一杯となる今シーズン3基目のICE(内燃エンジン)を投入した。

ワークスメルセデスはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの2台に今季3基目となるICE、ターボチャージャー、MGU-Hを投入。ボッタスには合わせて3基目のMGU-Kも投入された。スケジュール通りの交換と見られる。

同じメルセデスPUを搭載するウィリアムズのニコラス・ラティフィには、2基目のES(バッテリー)とCE(コントロール・エレクトロニクス)が与えられた。

スクーデリア・フェラーリはセバスチャン・ベッテルに今季3基目となるICE、ターボチャージャー、MGU-Hを、そして2基目となるESを投入した。

ホンダF1は年間のパワーユニット運用計画に基づき、前戦ロシアでアレックス・アルボンを除く3台に今季3基目を投じていたが、今回はその分が1戦遅れでアルボンに投入され、3基目のICEとMGU-Kの封が切られた。なおレッドブルは週末に先立ってアルボンのサバイバルセルを交換している。

いずれもレギュレーションで許可された範囲内での交換であるため、現時点で以上の5台に罰則が科される事はない。

V6ハイブリッド・ターボ導入7年目の今年は、年間最大3基のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kと、最大2基のES及びCEをペナルティなしに使用する事ができるが、チャンピオンシップの開催レース数が14以下、更には11以下に下がる毎に、使用基数が削減される仕組みとなっている。

現時点ではヤス・マリーナ・サーキットでのアブダビGPまでの全17戦の開催が計画されている。

F1アイフェルGP:パワーユニット投入状況

Team Driver ICE TC MGU-H MGU-K ES CE
メルセデス L.ハミルトンHAM 3 3 3 3 1 1
メルセデス V.ボッタスBOT 3 3 3 3 1 1
フェラーリ S.ベッテルVET 3 3 3 2 2 2
フェラーリ C.ルクレールLEC 2 2 3 2 2 2
レッドブル・ホンダ M.フェルスタッペンVER 3 3 3 3 2 2
レッドブル・ホンダ A.アルボンALB 3 3 3 3 2 2
マクラーレン・ルノー C.サインツSAI 2 2 2 2 1 1
マクラーレン・ルノー L.ノリスNOR 2 2 2 2 1 1
ルノー D.リカルドRIC 3 3 3 3 1 1
ルノー E.オコンOCN 2 2 2 2 1 1
アルファタウリ・ホンダ D.クビアトKVY 3 3 3 3 2 2
アルファタウリ・ホンダ P.ガスリーGAS 3 3 3 3 2 2
レーシングポイント S.ペレスPER 2 2 2 2 2 2
レーシングポイント L.ストロールSTR 3 3 3 3 1 1
アルファロメオ K.ライコネンRAI 2 2 2 2 2 2
アルファロメオ A.ジョビナッツィGIO 2 2 2 2 2 2
ハース・フェラーリ R.グロージャンGRO 2 3 3 2 2 2
ハース・フェラーリ K.マグヌッセンMAG 3 2 2 2 2 2
ウィリアムズ・メルセデス J.ラッセルRUS 3 3 3 2 1 1
ウィリアムズ・メルセデス N.ラティフィLAT 2 2 2 2 2 2

F1アイフェルGP特集