ダイハツ・コペンとTOYOTA GAZOO Racingのコラボ・コンセプト「COPEN GR SPORT CONCEPT」、東京オートサロン2019にてcopyright Toyota

コペンとTOYOTA GAZOO Racingが夢のコラボ「COPEN GR SPORT CONCEPT」が世界初公開

  • 最終更新:

ダイハツは1月11日、千葉県幕張メッセで開催されている東京オートサロン2019にて、トヨタのモータースポーツ部門であるTOYOTA GAZOO Racingとのコラボレーション・コンセプトカー「COPEN GR SPORT CONCEPT」を世界初公開した。

コペンは新骨格構造「D-Frame」と内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により、高い走行性能と自分らしさの表現を可能とした軽規格のオープンスポーツカー。2代目となるLA400K型は2014年6月に発売され、エクスプレイ、コセロ、ローブ等、幅広いスタイルが用意されている。東京オートサロン2019ではクーペモデルの新型コペン・クーペが出展され、専用WEBサイトで商談応募予約の受付が開始された。

ダイハツ・コペンとTOYOTA GAZOO Racingのコラボ・コンセプト「COPEN GR SPORT CONCEPT」のフロント

ダイハツ・コペンとTOYOTA GAZOO Racingのコラボ・コンセプト「COPEN GR SPORT CONCEPT」のリア

「COPEN GR SPORT CONCEPT」は今後の発売を視野に、トヨタ自動車株式会社と連携してダイハツが開発を進めている新商品のコンセプトカー。既存顧客からの走行性能に対する要望に応えるべく、人材交流などを通じてTOYOTA GAZOO Racingの知見を開発に生かし、ボディーの剛性強化や足回りのチューニングを中心に、思い通りに操ることができる気持ちの良い走りを目指して開発が進められている。

フロントフェイスにはトヨタのGRシリーズ車種の一部で採用している「Functional MATRIX」グリルを採用。インテリアには専用のレカロシートやインパネなどが採用され、上質感ある雰囲気の表現を目指している。