方を抱き合うセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトン、2019年F1メキシコGP表彰台セレモニーにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

フェラーリ・ハミルトン会談は「話が大袈裟になり過ぎただけ」とカミレッリCEO

  • 最終更新:

アブダビGPの週末、フェラーリのジョン・エルカーン会長が直々に、今年2度に渡ってルイス・ハミルトンと会談したとの話題が持ち上がった。規約が一新される2021年に向けて、フェラーリ側もハミルトン側も、双方ともに移籍は満更でもないのでは? そう考えるのは自然の成り行きだった。

当のハミルトンはというと、肯定も否定もせず「今は目の前のレースに集中しており、21年以降の契約については殆ど気にかけていない」「僕にはまだ契約があるけど、交渉はまだ始まっておらず、次の段階がどうなるのか、正直なところ僕にも分からない」と答えるに留めたため、話は一層過熱した。

しかしながら、フェラーリのルイス・カミレッリCEOは一件について、「話が大袈裟になり過ぎたのは明らかだ。あれは社会的なイベントだった。彼らには共通の知り合いが何人かいるからね」と語り、話に尾ひれが付いただけだと主張した。

とは言え実際のところ、2021年シーズンのフェラーリシートには空きが出る可能性がある。カミレッリCEOは次のように述べ、シャルル・ルクレールとは2021年を跨ぐ長期契約を締結しているものの、セバスチャン・ベッテルとの契約は満了を迎えると明らかにした。

「我々は一人のドライバーと長期契約を結んでいるものの、もう一人のドライバーとの契約は2020年末に失効する。我々のチームに加わりたいと思ってくれているドライバーがいるのは非常に光栄だ。ルイスは特にそうだがね。だが、現時点で将来の事を決定するのは時期尚早だ」

ハミルトンやベッテルを始め、マックス・フェルスタッペンやバルテリ・ボッタスを含む大部分のドライバーの契約が満了を迎えるため、2021年シーズンのグリッドはF1史上最大規模にシャッフルされる可能性がある。