ビデオメッセージを通してホンダに感謝の気持ちを伝えるブレンドン・ハートレー

ブレンドン・ハートレー、ホンダとファンに改めて感謝「レッドブルとの成功を祈ってる。本当にARIGATO」

  • 最終更新:

ホンダのモータースポーツ・ファン感謝祭「Honda Racing THANKS DAY 2018」が9日、栃木県茂木町のツインリンクもてぎで行われた。参加ドライバーが発表された10月の時点ではブレンドン・ハートレーの参加が発表されていたものの、トロロッソ・ホンダはアブダビGP後にアレックス・アルボンの起用を発表。ハートレーが来日する事はなかった。

律儀なブレンドン・ハートレーはビデオメッセージを作成。ホンダのスタッフとファンに改めて感謝の気持ちを伝えると共に、イベントに参加できなくなってしまった事をわびた。

「KONNICHIWA、ホンダの従業員とファンのみんな、もてぎのTHANKS DAYへようこそ。イベントに参加することができなくて本当に残念に思ってる。でも、どうしても参加する事が出来なかったんだ」

「まずは、皆に心からの感謝を伝えたい。Hondaレーシングのすべてのメンバー、ファクトリーで働くスタッフたち、そしていつもHondaを応援してくれるファンのみんな。これまで本当にありがとう」

「今年はHondaと共に仕事をした事で、本当に素晴らしい経験を積むことが出来た。ホンダの仕事への理念やモラル、価値観に凄く感銘を受けた。HondaとRed Bull Racingが大成功を収めることは間違いないと思ってる」

「ファンのみんな、いつも僕をサポートし、温かく迎えてくれてありがとう。鈴鹿日本GPで特にそれを強く感じた。もちろん、日本だけではなく、シーズンを通して応援してくれて嬉しかった」

「シーズン中にプレゼントしてもらった赤べこは今も自宅のアパートに飾ってあるよ。この一年間で触れた日本の文化は、これからの僕の人生の一部になっていくと思う」

「応援してくれて本当に本当にありがとう。現地に行けなくて残念だ。いつもハードワークで応えてくれたホンダのメンバーと、ずっと応援し続けてくれたファンの皆さん。ARIGATO」