2018年のレーシングスーツを着たブレンドン・ハートレーcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ブレンドン・ハートレー、2019年フェラーリのシミュレータードライバー有力候補に浮上

  • 最終更新:

ブレンドン・ハートレーはダニール・クビアトが辿ったのと同じ道を歩むことになるかもしれない。伊メディアによると、スクーデリア・フェラーリはハートレーをシミュレータードライバーの有力な候補とみなしている。

クビアトがトロロッソ・ホンダのシートを掴み、アントニオ・ジョビナッツィのザウバーF1デビューが決まった事で、マラネロは同時に二人のシミュレータードライバーを失った。同職は昨今のF1において、マシン開発とレースセットアップに無くてはならない重要な役割。後任人事の選定が進められている。

トロロッソ・ホンダのシートを失ったハートレーは目下、電気自動車レースのフォーミュラEへの参戦の可能性が取りた出されている。チャンピオンに輝いたWEC世界耐久選手権時代の所属チームであるポルシェとのパイプは今も健在で、2019年のポルシェ・ワークスドライバーを務める事が明らかとなっている。

ポルシェは2017年を以てWECのLMP1クラスから撤退したものの、2019年末に開幕を迎えるフォーミュラE第6シーズンへの参戦を決断。ニール・ジャニのチームメイトとして、ハートレーがその大任を任されるのではと噂されている。

ハートレーはWEC時代からハイブリッドに親しんでおり、ホンダの2018年型パワーユニット「RA618H」の開発に大きく貢献。明瞭完結で理路に沿ったその語り口はレーシングドライバーとしては珍しく、エンジニアのようですらあり、シミュレータードライバーという職は、その才能を活かせる役割であるように思われる。

2019年に跳ね馬での5シーズン目を迎えるセバスチャン・ベッテルは、シミュレータードライバーの意義を高く評価。メルセデスとルイス・ハミルトンからタイトルを奪還する上で、必要不可欠な仕事だと考えている。

当初フェラーリは、F1での経験が豊富なロバート・クビサにエールを送ったものの、クビサはウィリアムズでのF1復帰を選択。ハートレーの他には、そのウィリアムズのシートを失ったセルゲイ・シロトキンの名も上がっている。

ベッテルは、マラネロの文化と流儀に上手くマッチする人材を探している事を明らかにしているが、フェラーリはマルク・ジェネとダビデ・リゴンという二人のテストドライバーがおり、改めて外部人材を起用するかどうか不透明な部分もある。

地元ニュージーランドのメディアは、ハートレーの父ブライアンへのインタビューを実施。ブライアンが語ったところによれば、ハートレー本人は昨年12月に母国へ帰国して以来休暇を楽しんでおり、近々何らかの仕事につく可能性はないとの見通しを示したという。