新型BMW i8ロードスターと新型BMW i8クーペ

BMW i8にオープンモデルのロードスターが登場、クーペも一新

  • 最終更新:

ビー・エム・ダブリューは4月9日、プラグインハイブリッド・スポーツカーのi8シリーズに、オープンモデルの「BMW i8ロードスター」を追加、合わせてクーペモデルをマイナーチェンジし発売を開始した。BMWグループの電動モデルは、インポーター最大の10モデルに拡充される。

i8は、持続可能な次世代モビリティを提唱するサブブランド「i」から2014年9月に発売された。スポーツカーにして小型車並みの燃費性能と低排出ガスを実現。量産車初となるCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)をボディの基本骨格に採用するなど、その革新性が広く評価。フォーミュラEのセーフティーカーにも採用されている。

  • 革新的な車体構造コンセプト「LifeDrive」採用
  • 高強度CFRPは鉄より50%、アルミより30%軽量
  • 徹底された軽量化と低重心化により卓越した運動性能を確保

新型BMW i8 CoupeとBMW i8 RoadStar

新型クーペとオープンは、心臓部に1.5リッター直列3気筒ツインパワー・ターボエンジン+電気モーターを搭載するPHV。従来型より13Ah向上し33Ahとなった高圧リチウムイオン・バッテリーによって、EVモードでは最長53kmの走行が可能に。システム全体出力は従来モデルより9kW/12馬力引き上げられ、275kW/374馬力となった。0-100km/h加速は4.4秒、最高速度は時速250km。

ステアリング位置は、左ハンドルと右ハンドルと両方が用意される。両モデル共に、納車は2018年9月以降を予定している。

i8クーペ
20,930,000円~
i8ロードスター
22,310,000円~

新型BMW i8 Road Star

新しくラインアップに仲間入りした新型BMW i8ロードスターは、電動開閉式のソフトトップを採用、時速50km/h以下での開閉操作が可能となっており、急な降雨に慌てる事がないのが嬉しい。

新型BMW i8ロードスター、ドアオープン

新型BMW i8ロードスター側面

開閉共に約15秒。2人乗りオープンとあって収納スペースが気になるところだが、収納エリア下には約100リットルものスペースが確保されており、カバン等の比較的大きな荷物も格納することが可能だ。

新型BMW i8ロードスターのコックピット

ボディサイズは、全長4690mm、全幅1940mm、全高1290mm。車両重量は1650kgとなる。

BMW i8 Coupe

新型BMW i8 Coupe

新型BMW i8クーペ