レーシングスーツに着替えるレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ピエール・ガスリー、昨年4位の得意コースで初戦の雪辱果たせるか? / F1バーレーンGP《preview》

  • 最終更新:

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが、来週末に行われる2019年FIA F1世界選手権第2戦バーレーンGPに先立って抱負を語った。

トロロッソに在籍していた昨年、ガスリーは予選6番グリッドを獲得。ルイス・ハミルトンの降格に伴い5番グリッドからスタートした。グリーンフラッグ直後に前走のダニエル・リカルドをオーバーテイク。終始直近のライバル達を退け4位入賞を果たし、ホンダに2015年のF1復帰以降の最高位をプレゼントした。

前戦F1オーストラリアGPでは予選ストラテジーの失策によってQ1敗退を喫し、レースではデブリを拾ったためにフロントのグリップが低下。ダニール・クビアトを猛追したもののポイント圏内には届かず、惜しくも11位でチェッカーフラッグを受けた。

チームのミスによって出足をくじかれただけに、ガスリーとしてはキャリアベストの4位を達成した得意のバーレーンでシーズン開幕を仕切り直して、最高位を塗り替える表彰台を狙いたいところだ。

F1バーレーンGPに向けて

ピエール・ガスリー

バーレーンは僕のお気に入りのレースの一つなんだ。昨年のレースでは、F1でのベストリザルトとなる4位を獲得したし、あそこには本当にポジティブなエネルギーがある。バーレーンに戻ったら色々な感情が蘇ってくるだろうね。

レースだけじゃなくて、予選もキャリア最高位の6位だったし、グリッドは5番手だった。良い思い出だよ。感情とそれを経験した場所とは自然と関連付けられるものだから、バーレーンは僕のリストのトップに位置している。

今回はアストンマーティン・レッドブルレーシングの一員としてだけど、バーレーンに戻るのが本当に楽しみだ。特に、メルボルンでの週末がトリッキーだった事を思えば尚更さ。僕らのクルマには競争力があるし、バーレーンのサーキットは大好きだから、クルマに乗って仕事に取り組むのが待ちきれない。


戦いの舞台となるのはバーレーン・インターナショナル・サーキット。1周5412mのコースはヘルマン・ティルケによって設計され、決勝は夕刻よりスタートする”トワイライトレース”となる。

昨年のグランプリでは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウインを果たし開幕2連勝を達成。2位はメルセデスのバルテリ・ボッタス、3位にルイス・ハミルトンが続いた。

F1バーレーンGPは、日本時間2019年3月29日(金)20時からのフリー走行1で幕を開ける。

F1バーレーンGP特集