バクー市街地コースをレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2019年F1アゼルバイジャンGPフリー走行2copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

赤旗再び…跳ね馬が1-2、新型エンジン投入のホンダは全4台がトップ10 / F1アゼルバイジャンGP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

僅か12分でセッション中止に追い込まれた混乱のFP1を終えて、2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP金曜2回目のフリー走行が4月26日にバクー市街地コースで行われた。トップタイムを刻んだのは、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。2番手につけたチームメイトのセバスチャン・ベッテルを0.324秒差で退け、跳ね馬が初日を1-2で締め括った。

3番手にはメルセデスAMGのルイス・ハミルトン。ルクレールからは0.669秒と大きく遅れた。4番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。シルバーアローの間に割って入り、トップ争いへ睨みを利かせた。

1回目のフリー走行では、緩んだマンホールの蓋がウィリアムズのジョージ・ラッセルを直撃。フロアを中心にモノコックまでダメージが及んだため、スペアシャシーへの交換を迫られた。規約では車検を通過しないクルマを走らせる事が出来ないため、ラッセルはFP2の欠場を強いられた。

正午のFP1に引き続き、夕刻を迎えた現地バクーも好転に恵まれた。予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温18.3℃、路面36.2℃のドライコンディションでスタート。路面は埃っぽく滑りやすい状態で、コーナーを曲がりきれずにエスケープゾーンへと逃れるマシンが多発。セッションは2度に渡って赤旗中断となった。

最初のレッドフラッグはレーシングポイントのランス・ストロール。開始15分のところでクラッシュした。RP19の左サイドはサスペンション周りを中心に大きく破損。18番手タイムで早々にマシンを降りた。

2度目はトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト。ターン7の出口でマシンを滑らせバリアに接触。フロント左サスペンションが折れ曲がり、セッションは残り25分のところで2度目の赤旗中断となった。同じ箇所では、ルクレールが同様の形でタイヤを激しくバリアにぶつけたが、こちらはダメージなしに走行を続けた。

クビアトはステアリングの油圧系に問題が生じたため、残り40分を切ったところでようやくコースイン。アクシデントはその直後に発生した。タイムシートこそ6番手と有望な位置につけたが、周回は僅か9周。FP1の走行が大きく制限された状況であるだけに、レーシングポイントと同様にトロロッソもまた、プログラムを消化する事ができず、予選と決勝に向けて厳しい状況に追い込まれた。

もう一台のSTR14をドライブしたアレックス・アルボンは8番手と、こちらもトップ10圏内に入れ込んだ。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは9番手。依然としてコントロールのシビアなRB15に苦戦か。スペック2のホンダ内燃エンジンを搭載した4台の中で一番下のポジションに終わったが、ホンダエンジン勢としては4台全てがトップ10。期待を覗かせたが、計量義務違反でピットレーンスタートの罰則を受けた

ルノーのダニエル・リカルドは、2度に渡って白煙を履きながらタイヤを激しくロックアップ。いずれも事故には至らなかったが、非常に珍しいことに用意していたコンパウンドを早々に使い切り、チェッカーを待たずにマシンを降りた。

アゼルバイジャングランプリ3回目のフリー走行は、日本時間4月27日(土)19時から、公式予選は同22時からバクー市街地サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:42.872 28
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:43.196 +0.324 28
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:43.541 +0.669 31
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:43.793 +0.921 24
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:44.003 +1.131 31
6 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:44.177 +1.305 9
7 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:44.183 +1.311 27
8 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:44.216 +1.344 33
9 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:44.240 +1.368 24
10 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:44.295 +1.423 32
11 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:44.901 +2.029 25
12 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:45.366 +2.494 31
13 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:45.436 +2.564 28
14 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:45.482 +2.610 30
15 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:45.483 +2.611 15
16 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:45.618 +2.746 31
17 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:46.717 +3.845 24
18 18 ランス・ストロール レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:47.875 +5.003 8
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:48.111 +5.239 27

コンディション

天気
晴れ
気温
18℃
路面温度
36℃

レース概要

グランプリ名
アゼルバイジャンGP
レース種別
フリー走行2
レース開始日時
サーキット名
バクー市街地コース
サーキット設立
2016年
コース全長
6003m
コーナー数
20
周回数
51周
周回方向
時計回り

F1アゼルバイジャンGP特集