レッドブル・リンクを走行するレッドブル・ホンダRB15、F1オーストリアGP決勝レースにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1オーストリアGP 最高速ランキング:優勝したレッドブル・ホンダはライバルより速かった?

  • 最終更新:

2019年シーズンのFIA F1世界選手権第9戦オーストリアGP決勝レースにおけるチーム及びドライバー別スピードトラップを集計した。

優勝したのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。70周を通してマクラーレン、アルファロメオはおろか、フェラーリとメルセデスをコース上での真っ向勝負で抜き去った。ライバルに対してどの程度の速さを発揮していたのだろうか?

レッドブル・リンクのスピードトラップは、上り坂の頂点にあるタイトなターン3を曲がった先のターン4の170m手前の地点で計測される。その他には、フィニッシュラインと各セクターの切り替わり地点の計4箇所でのスピードが記録されている。

2019年版レッドブル・リンクのコースレイアウト図

トップスピードは、エンジン馬力やスリップストリームの有無の他、計測地点前のコーナーの種類やトラクション性能、ダウンフォースレベルや車体の空気抵抗といった様々な要素で上下する。

スピードトラップ

2019年F1オーストリアGP決勝スピードトラップ

チーム別に見てみると、下り坂の先に位置するスピードトラップでの最速は、レッドブル首脳陣に「ロケットのよう」と言わしめるスクーデリア・フェラーリ。327.9km/hを記録してトップに立った。レッドブル・ホンダは319.3km/hで5番手。ターン3までに回生エネルギーを使い切ったか?

スピードトラップ地点を含むセクター2の区間ベストタイムは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが記録した29.952秒。実は、これに続く2番手タイムをマークしたのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンであった。

今季8勝を誇るメルセデスは下から2番目。オーバーヒートのために、強力なエンジンパワーが使えず、トップスピードが頭打ちになっていた。

Pos Driver Team km/h
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 327.9
2 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 327.7
3 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 321.4
4 ダニエル・リカルド ルノー 320.5
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 319.3
6 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 317.5
7 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 316.9
8 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 315.2
9 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 315.2
10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 314.9
11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 314
12 シャルル・ルクレール フェラーリ 313.1
13 ランス・ストロール レーシングポイント 312.5
14 バルテリ・ボッタス メルセデス 312.3
15 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 311.9
16 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 311.8
17 キミ・ライコネン アルファロメオ 310.5
18 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 309.3
19 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 307.2
20 ルイス・ハミルトン メルセデス 306.2

中間地点1での最高速

2019年F1オーストリアGP決勝における中間地点1での最高速ランキング

ターン3手前の中間地点1での最高速では、マクラーレンが時速332.3kmでトップ。レッドブル・ホンダは時速327.9kmの3番手だった。フェルスタッペンはこのターン3で、メルセデスのバルテリ・ボッタスとフェラーリのシャルル・ルクレールを追い抜いた。

メルセデスは断トツの最下位。フェルスタッペンにゴボウ抜きにされたボッタスはレース後「オーバーヒートを避けるために、あらゆるエンジンモードの使用が禁じられていた」と明かしている。

Pos Driver Team km/h
1 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 332.3
2 セルジオ・ペレス レーシングポイント 327.9
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 327.9
4 ランス・ストロール レーシングポイント 327.3
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 326.7
6 ダニエル・リカルド ルノー 326.2
7 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 324.4
8 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 323.8
9 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 322.9
10 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 322.8
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 322.3
12 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 321.9
13 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 320.9
14 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 320.2
15 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 319.5
16 キミ・ライコネン アルファロメオ 317.1
17 シャルル・ルクレール フェラーリ 316
18 バルテリ・ボッタス メルセデス 314.8
19 ルイス・ハミルトン メルセデス 312.2
20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 310.9

中間地点2での最高速

2019年F1オーストリアGP決勝における中間地点2での最高速ランキング

高速のターン6を抜けた先で計測される中間地点2での最高速では、レッドブル・ホンダが時速242.3kmを記録して、マクラーレンとフェラーリを従えた。

エンジンパワーというよりも、高速コーナーにおける車体側の性能が影響していることがランキングからも見て取れる。

Pos Driver Team km/h
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 242.3
2 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 242
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 241.3
4 シャルル・ルクレール フェラーリ 241.2
5 ルイス・ハミルトン メルセデス 240.9
6 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 239.3
7 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 237.1
8 バルテリ・ボッタス メルセデス 236.6
9 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 236.1
10 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 236
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 236
12 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 234.8
13 ダニエル・リカルド ルノー 234.7
14 ランス・ストロール レーシングポイント 234
15 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 233.6
16 セルジオ・ペレス レーシングポイント 233.3
17 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 232.7
18 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 232.2
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 231.8
20 キミ・ライコネン アルファロメオ 231.5

フィニッシュラインでの最高速

2019年F1オーストリアGP決勝におけるフィニッシュラインでの最高速ランキング

ホームストレート上のフィニッシュラインでは、フェラーリが時速290.6kmでトップ。レッドブル・ホンダは2番手と、ここでも印象的なスピードを記録していた。

Pos Driver Team km/h
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 290.6
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 288.4
3 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 287.4
4 シャルル・ルクレール フェラーリ 287.2
5 バルテリ・ボッタス メルセデス 285.4
6 ダニエル・リカルド ルノー 285.1
7 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 285
8 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 284.1
9 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 283.4
10 セルジオ・ペレス レーシングポイント 283.3
11 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 282.8
12 ルイス・ハミルトン メルセデス 282.8
13 ランス・ストロール レーシングポイント 282.7
14 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 281.8
15 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 281.3
16 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 281
17 キミ・ライコネン アルファロメオ 280.8
18 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 278.9
19 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 275.7
20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 275.6

F1オーストリアGP特集