creativeCommons nick@

スリップストリーム

  • 最終更新:

スリップストリームとは、前方を走るマシンの真後ろに発生する空気抵抗が小さいエリアのこと。「トウ」「トゥ」とも言い、「スリップストリームを使う」「スリップに入る」等のように使う。英語圏では「トウ」の方がポピュラーなようだ。

スリップストリームに入ると空気抵抗が減少、走行速度が大幅に向上し、結果としてオーバーテイクや追い上げのための強力な武器となる。100分の1秒、1000分の1秒を争うモータースポーツ競技においては、スリップストリームを使わずして前走車を交わすことは難しい。

コーナーでは逆に遅くなる事も

スリップによる速度向上の恩恵は、原則として直線コース・ストレートを走行する場合に限られる。コーナリング時においては、スリップストリームに入る事によって速度が低下する。その理由はダウンフォースにある。

スリップエリアでは前方からの空気量が減るため、空気抵抗と同時にマシン前輪側のダウンフォースも減少する。また、コーナリング時には前走車が発生させる乱気流によってマシンコントロールが困難になる。空力マシンである現代のF1カーは、”キレイな空気”=乱れのない空気がマシンにぶつかることを想定して設計されているため、乱気流下ではダウンフォースを大幅に失ってしまい事故の危険すら高まる。

長くスリップを使いすぎると、エンジンやブレーキ等の冷却(空気による冷却)が十分に行われなくなり、これらがオーバーヒートする可能性が高まる。スリップストリームはうまく利用すべき後続マシンの特権ではあるが、追い抜くべきところで追い抜けないと自身の首を絞めかねない諸刃の剣でもある。

スリップが効く距離

スリップストリームの恩恵を受けるためには、どの程度の距離まで前走車接近すればよいのだろうか?車両の速度や形状、気象条件等によって異なるが、高速のF1においては100m以上の距離があってもスリップが効くようだ。スリップの効果の程度については、前走車との距離によって異なる事が知られている。

スリップストリームを使った予選戦略

1周の純粋な速さを競う予選において、スリップストリームはしばしば有効な戦略として採用される。ロングストレートを持つサーキット、例えばモンツァやバクー市街地コース等においては、チームメイト同士が協力し合い、互いのスリップストリームを相手に利用させることで、ラップタイムの向上を目指す事がある。