2019年F1オーストラリアGPでの3位表彰台を喜ぶレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

フェルスタッペン「ホンダエンジンを積んでいる事を考えれば3位は当然の結果」オーストラリアGP《決勝》

  • 最終更新:

2019シーズンの開幕という重要な1戦で、見事3位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンは、2008年以来のポディウムをホンダにプレゼントできて「本当に嬉しい」と語ると共に、ホンダとパートナーシップを結んでいる事を考慮すれば、3位は「当然の結果」だと述べた。

公式予選でフェラーリ2台の間に割って入り、4番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、一貫して先頭グループを走行。昨年はDRSなしの追い抜きが1回しか記録されなかった程オーバーテイクが困難なアルバート・パーク・サーキット。そんな特性など物ともせず、31周目にコース上で跳馬のセバスチャン・ベッテルを抜き去り、表彰台圏内3番手に浮上した。

その後は更にペースを上げて、昨年のディフェンディング・チャンピオン、2番手を走行していたルイス・ハミルトンを猛追。追い抜きには至らなかったものの、2008年イギリスGP以来ぶり、2015年のF1復帰後初となる念願のポディウムをホンダにプレゼントした。

ホンダエンジンを積んでいる事を考えれば3位は当然の結果

マックス・フェルスタッペン決勝: 3位, グリッド: 4番手

チームにとって、そしてホンダにとって、今日表彰台を獲得できて本当に満足だ。僕らは今年から共に仕事に取り組み始めたわけだけど、ホンダとのパートナーシップを本当に楽しんでいるし、素晴らしい仕事が出来ているから、今日の3位という結果は、僕らにとって当然あるべき相応しいものだと思ってる。

レース終盤にはルイス(ハミルトン)に戦いを挑めたし、コース上でセブ(ベッテル)をオーバーテイクする事が出来た。ここがオーバーテイクが難しいサーキットである事を考えれば、本当にポジティブな結果だよ。タイヤ的にアドバンテージがあった部分はあるけど、ルイスにプレッシャーをかける事も出来た。追い抜けるほど接近できなかった事を加味しても前向きな材料さ。

クルマは本当に調子が良かったし、ストレートでも速さがあった。この勢いが残りのシーズンでも続いてくれると嬉しいね。今回の表彰台は、ホンダにとって2008年以来だって聞いたよ。彼らのために今日この結果を成し遂げられて本当に幸せだ。


58周で争われた決勝レースでは、フロントロー2番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスが22戦ぶりに優勝。2位にはルイス・ハミルトンが続き、メルセデスAMGが1-2を果たした。3位表彰台はレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。ホンダにF1復帰後初の表彰台を捧げた。

F1オーストラリアGP特集