ガレージ内でモニターを見つめるホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクター、2019年F1日本GPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ホンダ、ブラジルでの好結果に慢心せず「モチベーションが更に高まった」F1アブダビGP《preview》

  • 最終更新:

ホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターが、2019年FIA F1世界選手権最終第21戦アブダビGPに先立って抱負を語った。

トロロッソに単独PU供給していた昨年のレースでは、ピエール・ガスリーが17番手からトップ10まで浮上するも、残り9周でオイル漏れに見舞われリタイア。ブレンドン・ハートレーも一歩及ばず12位と、揃って入賞を逃した。

インテルラゴスで行われた前戦ブラジルGPで1-2フィニッシュを飾り、来年に向けて上昇気流に乗るホンダ勢。シーズン最終戦に向けて田辺豊治テクニカル・ディレクターは「ブラジルでのリザルトは、我々に挑戦に向けての更なるモチベーションを与えてくれた」と述べ、慢心することなく来季タイトル獲得に向けて開発を更に促進させると誓った。

ホンダ:アブダビGPに向けて

田辺 豊治ホンダF1現場責任者

今週はいよいよ2019年シーズン最終戦、アブダビGPが始まります。2月のウィンターテスト初日から285日、まだまだやり残したと思うことも沢山あり、正直あっと言う間の一年でした。

今年は2015年のF1復帰以降初めて、2チームにパワーユニットを供給しました。昨年からパートナーシップをスタートしたスクーデリア・トロロッソ、今年から供給を開始したアストンマーチン・レッドブル・レーシングと共に、シーズンを通して良い形で前進を遂げられたと思います。先日のブラジルGPでの両チームとの1-2フィニッシュは、今年の進歩を象徴する一つのハイライトになりました。

今回レースが行われるヤス・マリーナ・サーキットは1.2kmの長いバックストレートと、90度コーナーが多く配されていることが特徴です。また、レースと予選は気温が下がった夕暮れ時に開催されるトワイライトレースである一方、FP1とFP3は日中の気温が高い状況で行われるため、車体、PU共にセッティングを煮詰めていくことが難しいグランプリでもあります。

先日のブラジルでの好結果から得た勢いを維持し、さらなる挑戦の気持ちを持ち、シーズンを締めくくる最終戦にチーム一丸となって向かいます。悔いを残すことなく、来年に繋がるレースをできればと思っています。


トワイライトレースとなるアブダビGPの舞台は、1周5554m、全21コーナーを有するヤス・マリーナ・サーキット。ドライコンディションとなった昨年のグランプリでは、ルイス・ハミルトン(Mercedes)がポール・トゥ・ウイン。2位はセバスチャン・ベッテル、3位はマックス・フェルスタッペンという結果だった。

F1アブダビGPは、日本時間11月29日(金)18時からのフリー走行1で幕を開ける。

F1アブダビGP特集