セッションに向けて準備するレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン、F1アブダビGP 2018年11月24日copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

フェルスタッペン「ハイパーでスタートするのは予定外だけど、案外上手く行くかも」F1アブダビGP《予選》2018

  • 最終更新:

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、11月24日(土)のF1アブダビGP予選Q2をハイパーソフトタイヤで通過。最終Q3では1分35秒589の自己ベストを刻み、トップから0.795秒遅れの6番手をマークした。

今週末のハイパーソフトタイヤはデグラデーションが酷く5周ほどで終りを迎える可能性もあり、フェルスタッペンを除く上位5台はより硬めのウルトラソフトタイヤで決勝をスタート。フェルスタッペンのみが異なる戦略で決勝に臨む事となる

ハイパーでスタートするのは予定外、でも案外上手く行くかも

マックス・フェルスタッペン予選: 6位, FP3: 4位

凄く満足できる予選ってわけじゃなかった。Q3の最初のアタックを終えて、タイヤの温度が高すぎてグリップが不足してる事に気がついたんだ。そこで最後のアタックでタイヤの温度を下げようとしたんだけど上手くいかなかったんだ。至る所でマシンが滑っちゃってさ。特に最終セクターは酷かったから、途中で走るのを止める事にしたんだ。

予選前とは違ってマシンバランスもそんなに良くなくて、思ったようなラップを走れなかった。予定ではハイパーソフトでスタートする計画じゃなかったんだけど、周りのライバルとは違うコンパウンドでスタートするのも面白いかもね。意外と上手くいくかもしれないし。

ここではこの前のブラジルのようには簡単にオーバーテイク出来ないから、レースで好結果を残すためには戦略と運が必要だと思う。僕らのレースペースは今回も良さそうだから、表彰台に上がれるようにベストを尽くすよ。


ポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手は僚友バルテリ・ボッタス。3番手はスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルという結果となった。

2018年F1第21戦アブダビグランプリ決勝レースは、日本時間11月24日(日)22時10分から行われ、1周5,554mのヤス・マリーナ・サーキットを55周する事で勝敗を争う。

F1アブダビGP特集