スターティンググリッドにつく20台のF1マシン、2019年F1カナダGP決勝レースにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

2020 F1-70周年記念GP︰決勝スターティング・グリッド…降格処分でグリッドが変動

  • Published: Updated:

2020年シーズンのF1世界選手権第5戦 70周年記念GP決勝レースの暫定スターティンググリッドが、国際自動車連盟(FIA)より発表された。予選後に1台が降格処分を受け、グリッドと予選順位の間に変動が生じた。

スチュワードは予選を終えて、ルノーのエステバン・オコンがQ1でジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)の計測ラップを妨害したとして認定。3グリッド降格ペナルティを科すと共に、FIAスーパーライセンスのペナルティポイント1点を加算する裁定を下した。

Q2敗退を喫し予選11番手につけたオコンは14番グリッドに降格となり、代わりにセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、カルロス・サインツ(マクラーレン)、ロマン・グロージャン(ハース)の3名がそれぞれ1つずつ繰り上がった。

今週末はホンダ、フェラーリ、メルセデス、ルノーの4陣営全てが新しいパワーユニットの封を切っているが、いずれもレギュレーションで許可された範囲内での交換となった。

また、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)が6戦連続に満たない状態でギアボックス交換を行ったが、前戦でクラッシュを喫しリタイヤしているため、こちらも降格の対象外であった。

ポールポジションはバルテリ・ボッタス、2番グリッドにはルイス・ハミルトンが並び、メルセデスが最前列を独占。2列目にはニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が並ぶ。

F1 70周年記念GPスターティンググリッド

Pos No Driver Team Qualifying
1 77 V.ボッタス メルセデス 1(-)
2 44 L.ハミルトン メルセデス 2(-)
3 27 N.ヒュルケンベルグ レーシングポイント 3(-)
4 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 4(-)
5 3 D.リカルド ルノー 5(-)
6 18 L.ストロール レーシングポイント 6(-)
7 10 P.ガスリー アルファタウリ・ホンダ 7(-)
8 16 C.ルクレール フェラーリ 8(-)
9 23 A.アルボン レッドブル・ホンダ 9(-)
10 4 L.ノリス マクラーレン・ルノー 10(-)
11 5 S.ベッテル フェラーリ 12(+1)
12 55 C.サインツ マクラーレン・ルノー 13(+1)
13 8 R.グロージャン ハース・フェラーリ 14(+1)
14 31 E.オコン ルノー 11(-3)
15 63 J.ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 15(-)
16 26 D.クビアト アルファタウリ・ホンダ 16(-)
17 20 K.マグヌッセン ハース・フェラーリ 17(-)
18 6 N.ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 18(-)
19 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 19(-)
20 7 K.ライコネン アルファロメオ 20(-)

F170周年記念GP特集