コックピットに座るルノーのエステバン・オコン、70周年記念GPにて
copyright Renault

エステバン・オコンに3グリッド降格処分、予選でラッセルの走行を妨害 / 70周年記念GP

  • Published: Updated:

F1-70周年記念GPのスチュワードは8日土曜の予選セッションを終えて、ルノーのエステバン・オコンに3グリッド降格処分を言い渡した。これにより、予選11番手のオコンは日曜のレースを14番手からスタートする事になる。

予選Q1でオコンは、前を走行していたアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)を追い抜くためにレーシングライン上に動いた事で、アタックラップの最中にあった後続のジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)を妨害する事となった。ラッセルはバックオフを余儀なくされ、タイム計測を断念した。

オコンの動きに憤ったラッセルは、無線を通して「とんでもなく危険だ」と不満をぶつけていた。

予選終了後、両ドライバーからの聴取を終えたスチュワードは、チーム側から早期の注意喚起がなされていなかったとしながらも、オコンの過失を認めて3グリッドを言い渡すと共に、FIAスーパーライセンスのペナルティポイント1点を加算する裁定を下した。

この結果、オコンは14番手に降格し、セバスチャン・ベッテル、カルロス・サインツ、ロマン・グロージャンがそれぞれ1つずつポジションを上げる形となった。

F170周年記念GP特集