• 最終更新:

人物データ

名前
中村聡 / NAKAMURA Satoshi
国籍
日本

中村聡は、第4期ホンダF1でチーフエンジニアを務めた人物、2018年4月よりチーフエンジニアを退き日本のHRD Sakuraに異動、パワーユニットの開発に携わる。

無限を経てホンダ第3期(2000~2008年)のF1エンジンの開発に従事。ホンダのF1撤退後は、同社の四輪R&Dセンターにて中型乗用車”アコード”のエンジン開発を担当も、2013年にモータースポーツ部門に復帰し第4期のF1ハイブリッドターボエンジンの開発に携わった。

エンジンサプライヤーとしてホンダがF1に復帰してからは、現場の責任者を務める傍ら、英国拠点ミルトンキーンズでのトップも兼任。前総責任者の長谷川祐介の下、ミルトンキーンズとHRD Sakura、そして英国ウォーキングにあるマクラーレン・テクノロジー・センターの三拠点の連携を束ねてきた。

幼少期よりモータースポーツが好きであったと語る中村は、アラン・プロストやナイジェル・マンセルが自身のヒーローであると言う。