カナダ人ドライバー、ロバート・ウィッケンズcopyright www.robertwickens.com

ロバート・ウィッケンズ

  • 最終更新:

人物データ

名前
ロバート・ウィッケンズ / Robert Wickens
国籍
カナダ
出身地
トロント
生年月日
1989年03月13日 / 30歳
身長
180cm
体重
71kg
@robertwickens
WEBサイト
www.robertwickens.com

ロバート・ウィッケンズ(Robert Tyler Wickens)は、カナダ・トロント出身のレーシングドライバー。12歳の時にカートをはじめ、2005年よりフォーミュラBMW、フォーミュラー・ルノーなどに参戦。2009年にFIA F2チャンピオンシップでタイトルを獲得した。

レッドブル・ジュニアドライバーの一員に選ばれ、2011年にヴァージン・レーシングのリザーブドライバーに就任、同年9月にヴァージンのF1マシンで初テストを行った。2012年、ワークスとしてDTMドイツ・ツーリングカー選手権に復帰したメルセデスのレギュラードライバーに起用され、2016年まで同シリーズを戦った。

2017年10月、2018年のインディカー・シリーズへのフル参戦が発表されシュミット・ピーターソン・モータースポーツに加入。開幕セントピーターズバーグ予選ではいきなりポールポジションを獲得し、チェッカーフラッグまで残り2周というところまでレースをリードしていたが、2番手アレキサンダー・ロッシと接触しリタイヤを喫した