メディアインタビューに応えるメルセデスのトト・ウォルフ代表、2021年F1アゼルバイジャンGPにてCourtesy Of Daimler AG

落ち度はなかった…メルセデス代表ウォルフ「ピットストップの失敗はボッタスの過失」発言を釈明・訂正

  • Published: Updated:

メルセデスのトト・ウォルフ代表は、F1モナコGPのピットストップでホイールが取り外せなくなった一件で、バルテリ・ボッタスに責任の一端があると言わんばかりの自身の発言を訂正・釈明した。

第5戦の決勝でボッタスは、ホイールガンによってナットが舐めてしまったために右フロントタイヤが外れず、悲劇的なリタイヤを強いられた。

ウォルフはレース後、ボッタスが規定の位置より少し手前に止まったがために、クルーがガンをホイールに対して斜めに当てる事になったと述べ、リタイアの一因がボッタスにあると匂わせるような発言を行った。

だが映像では、ボッタスの停車位置は控えめに言っても正確だった。ガンマンの(回転工具に体を取られるような)動きを見る限りにおいては、ジャッキアップ前にガンを回した事でガンが回転している最中にクルマが浮き上がり、その衝撃で回転中のガンがナットから外れ、舐めるに至ったようにも見えるが、実際のところはチームのみぞ知る。

ウォルフの見解についてボッタスは、2週間後のアゼルバイジャンGPの会見で「驚いた」と苦笑し、「センターラインから2~3cmはズレていたと思うけど、これだけの精度があれば通常はかなり良い」と反論した。

更にボッタスは、ピット作業に関して前々から課題を感じていたとして、数戦前の段階から既にチーム側にこうした懸念事項を伝えていたと主張。モナコでの問題は、早期に対策を取らなかったが故に起こるべくして起こった問題との考えを示した。

これを受けてウォルフは、Channel 4とのインタビューの中で次のように述べ、ボッタスは正確な位置で停車したと訂正。彼に非はないと釈明した。

「おそらく私のミスだ。ストップ全体を分析した際、誰かに責任があるとしたわけではないが、私は彼が数センチ(規定の位置よりも)前に止まったと言った」

「実際、(ボッタスの)ストップは非常に正確だった。だから彼には何の落ち度もない。我々の問題だった」

仮にボッタスに非があったとしても、例の発言は不用意であったと言える。ルイス・ハミルトンがバクーの最終盤に”ブレーキマジック”を誤作動させた一件を「彼のミスではない」と擁護する事を思えば尚更に。

F1アゼルバイジャンGP特集