ウィリアムズの2019年仕様チームウェアcopyright Williams

ウィリアムズF1、新ウェアを着用したクビサ&ラッセルの画像を公開

  • 最終更新:

ウィリアムズ・レーシングは11日、黒を基調とした2019年仕様の新しいチームウェアを公開。これを着用したロバート・クビサとジョージ・ラッセルの姿をお披露目した。

ウィリアムズは伝統的にホワイトと紺色をチームカラーとして重んじてきたが、新たにタイトルスポンサー契約を結んだ「ROKit」のブランドカラーを採用し、ブラックをベース色として、スポンサーロゴを白抜き処理した新しい意匠のウェアをデザインした。

2019年仕様のチームウェアを着用したロバート・クビサ

右胸にはパワーユニットパートナーであるメルセデスAMGとクビサの母国ポーランドの石油大手PKNオルレン、右腕にはAcronisとタイヤサプライヤーのピレリと冠スポンサーのROKit、そして襟元にはRexonaのロゴがプリントされている。

2019年仕様のチームウェアを着用したジョージ・ラッセル

襟裏や袖元にデザインされたスカイブルーのラインがフォルム全体を引き締めており、かなりクールな印象を与えている。