ウィリアムズF1の2020年型F1マシン「FW43」の新しいマシンカラーリング 全体

ウィリアムズ、2021年型F1マシン「FW43B」を3月5日に発表

  • Published: Updated:

F1世界選手権に参戦するウィリアムズ・レーシングは、2021年シーズン用のマシンをバーレーンテスト開幕1週間前の3月5日(火)に世界初公開する事を明らかにした。

詳細は明らかにされていないが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響でリアルイベントの開催が困難である事から、オンライン上でのデジタルプレゼンテーションとなる事が予想される。

現時点ではウィリアムズを含む5チームが新車発表日時を明らかにしている。マクラーレンは2月15日、アルファタウリ・ホンダは2月19日、アルファロメオは2月22日、そしてメルセデスは3月2日に最新スペックをローンチする。

レギュレーションで車体側の開発に制限が加えられていることから、今季は基本的に昨年型のマシンが持ち越される事になる。

英国グローブのチームは2021年型マシンの名称を、昨季型の型式に”B”を加えた「FW43B」とした。レッドブル・ホンダも同様のアプローチで今季型マシンを「RB16B」としている。

ウィリアムズは昨年夏に創業家からチームを買収した新たなオーナー、ドリルトン・キャピタル体制のもとでの初のフルシーズンを迎える事になる。ドライバーラインナップに変更はなく、ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのコンビが継続される。

ウィリアムズはフェラーリとマクラーレンに次ぐ史上3位の成功を収めた伝説的チームだが、昨年はまさかのノーポイントに終わりチーム創設史上最悪のシーズンを過ごす事となった。