メルセデスAMGペトロナスF1チームのトト・ウォルフ代表、ダイムラーのオラ・ケレニウス会長、INEOSのジム・ラトクリフ卿copyright Daimler AG

メルセデス、2021年型F1マシン「W12 Eパフォーマンス」の公開日時を発表

  • Published: Updated:

F1世界選手権に参戦するメルセデスAMGは、2021年型の新車「メルセデスAMG F1 W12 Eパフォーマンス(Mercedes-AMG F1 W12 E Performance)」を3月2日(火)に世界初公開する。

ダブルタイトル8連覇が懸かる英国ブラックリーのチームはバーレーンテストを前にオンラインでローンチイベントを行い、2021年シーズンの最新スペックを発表する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を踏まえると、今年はオンライン以外での場で新車発表を行う事は現実的ではない。

メルセデスは今後発売される全てのAMGハイブリッドカーの製品名に「Eパフォーマンス」という呼称を用いる事を決めており、W12はシャシー名にこれを採用する初のF1マシンとなる。

W12は基本的に昨年型マシンを踏襲したものとなるが、ダウンフォースの削減を目指し導入された新たな技術レギュレーションに対処すべく、空力面に多くの改善が施されるものと見られる。

現時点では全10チームのうち、メルセデスを含めた3チームが新車発表日時を明らかにしている。マクラーレンは2月15日、アルファロメオは2月22日に最新マシンを公開する。

昨年のドライバーズランキングで2位に付けたバルテリ・ボッタスは既にチームとの契約を済ませ、2021年シーズンもメルセデスからF1を戦うことが決まっているが、同じく昨年末で契約が失効した7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンについては、未だ契約延長に関する発表が行われていない。

メルセデスは現行の1.6リッターV6ハイブリッド・ターボエンジンが導入された2014年以降、全てのチャンピオンシップを制覇し続けており、昨年は17戦中13戦で勝利を飾るなど、2016年に次ぐ圧倒的なパフォーマンスを発揮した。