ラバッツァのコーヒーを飲むウィリアムズのニコラス・ラティフィcopyright Williams Racing

ラティフィ頼みのウィリアムズ、伊ラバッツァとの新規スポンサー契約を発表

  • 最終更新:

F1世界選手権に参戦するウィリアムズ・レーシングは1月8日、イタリアのコーヒー焙煎業者「ラバッツァ」との間で新たなスポンサー契約を結んだ事を発表した。契約は2020年の単年。

本契約に伴い、開幕オーストラリアGPよりラヴァッアのロゴが、2020年型F1マシン「FW43」及び、ガレージやホスピタリティ・エリア、そしてジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのチームウェア及びレーシングスーツに掲載される。

世界有数のコーヒー焙煎業者であるラバッツァは、1895年にトリノで設立され、現在では140カ国以上で販売を展開。1970年代には、F1史上二人目の女性ドライバーとなったレラ・ロンバルディを支援し、2016年以降はニコラス・ラティフィのレースキャリアをサポートしてきた。

同社のマーケティング責任者を務めるセルジオ・クレヴェッロは「若きアンバサダーであり才能あふれるニコラス・ラティフィが、ROKiTウィリアムズ・レーシングでF1キャリアをスタートさせるに際し、引き続きサポートしていける事を嬉しく思っている。本パートナーシップを通じて我々は、当社のグローバル化戦略に則ってブランド認知度を高め、イタリアのコーヒー文化を世界中に広めていきたいと考えている」と語った。

チームの副代表を務めるクレア・ウィリアムズは「我々とラバッツァは、情熱を以て仕事に取り組んでいるという点において同じ価値観を共有しています。イノベーションと起業家マインドこそが、このような強力なパートナーシップを実現足らしめたのです。2020年シーズンに向けて、ラバッツァをF1に迎え入れられることを楽しみにしています」と述べた。

昨季限りでユニリーバとPKNオルレンという主要資金源を失ったウィリアムズは昨日、ニコラス・ラティフィの父マイケルが経営するカナダの食品メーカー「ソフィーナ・フーズ」との関係強化を発表したばかりであり、連日に渡ってラティフィ関係のスポンサー契約を公表する形となった。