2022年F1参戦ドライバー集合写真、20222年3月20日F1バーレーンGP
Courtesy Of Red Bull Content Pool

角田裕毅の来季や如何に? 2023年の空席とF1を去る可能性があるドライバー / F1契約状況のまとめ

  • Published:

セルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングとの契約を2年延長した事に伴い、フェラーリとメルセデスを含むトップ3チームの来季ドライバーラインナップが確定した。

ミッドフィールドにはまだ、2023年に向けて7つのシートが空いている。一体誰が契約更新を掴み取り、誰が今シーズン末限りでF1を去るのだろうか? 以下は今季グリッドに並ぶ全20名の契約状況だ。

ドライバー チーム 契約終了年
フェルナンド・アロンソ アルピーヌ 2022年
角田裕毅 アルファタウリ 2022年
セバスチャン・ベッテル アストンマーチン 2022年
周冠宇 アルファロメオ 2022年
アレックス・アルボン ウィリアムズ 2022年
ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 2022年
ミック・シューマッハ ハースF1 2022年
ルイス・ハミルトン メルセデス 2023年
ジョージ・ラッセル メルセデス 2023年
ダニエル・リカルド マクラーレン 2023年
ピエール・ガスリー アルファタウリ 2023年
ケビン・マグヌッセン ハースF1 2023年
セルジオ・ペレス レッドブル 2024年
シャルル・ルクレール フェラーリ 2024年
カルロス・サインツ フェラーリ 2024年
エステバン・オコン アルピーヌ 2024年
ランド・ノリス マクラーレン 2025年
バルテリ・ボッタス アルファロメオ 2025年
マックス・フェルスタッペン レッドブル 2028年
ランス・ストロール アストンマーチン 未来永劫?

2022年シーズン末を以て契約が満了を迎える中で、開幕7戦のパフォーマンスを見る限り残留の可能性が高そうなのは角田裕毅、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテル、アレックス・アルボンだ。ベッテルに関しては本人が望みさえすれば、という条件付きだが。

角田裕毅の来季についてはいつ発表があるのだろうか? モナコでの週末を前にこの点について問われた角田裕毅は以下の様に答えている。

「どうでしょうね。まあ、今は兎に角、目標に掲げるコンストラクターズ・チャンピオンシップのために、チームのためにできる限りクルマを開発する事に専念しているだけで、それ以外のことは分かりません」

笑顔で質問に答えるアルファタウリの角田裕毅、2022年5月6日F1マイアミGPのFIAプレスカンファレンスにてCourtesy Of Red Bull Content Pool

笑顔で質問に答えるアルファタウリの角田裕毅、2022年5月6日F1マイアミGPのFIAプレスカンファレンスにて

正確に言えば、ピエール・ガスリーはレッドブルと2023年末までの契約を結んでいるだけで、アルファタウリの来季シートが確定しているわけではないが、ダニエル・リカルドとの契約が早期解除されマクラーレンに空きが出るなどしない限り、今年は積極的に動く必要性は低いように見える。来季末にはルイス・ハミルトンとメルセデスの契約が満了を迎える。

パフォーマンス的に先行き不透明感が拭えないのはニコラス・ラティフィ、ミック・シューマッハ、そして周冠宇の3名だ。

周冠宇に関しては僚友バルテリ・ボッタスと比較すると大きく見劣りする。ただし、まだ一年目の新人で、ルーキーとしては目立ったミスも少なく、チャイナマネーをチームに持ち込むだけでなく、中国市場とのグリッド最大の架け橋であるというマーケティング的価値もあって、他の2名よりは残留の可能性が高そうに見える。だた、後ろにはアカデミードライバーのテオ・プルシェールが控えており楽観はできない。

アルファロメオのフレデリック・バスール代表に激励される周冠宇、2022年3月20日F1バーレーンGPCourtesy Of Alfa Romeo Racing

アルファロメオのフレデリック・バスール代表に激励される周冠宇、2022年3月20日F1バーレーンGP

シューマッハとラティフィは開発競争が決め手の今年、クラッシュによってチームに多大な損失を与えている。

偉大なF1ワールドチャンピオンを父に持つ2年目のドイツ人ドライバーはF1デビュー以来、まだ1ポイントも獲得できていない。昨シーズンは僚友ニキータ・マゼピンを上回ったものの、評価が確立されたベテランのケビン・マグヌッセンをチームメイトに迎えた今年は、実力の差が歴然と現れている。

クラッシュの件は確かにチームにとって痛手だが、シューマッハを抱えることでメディア露出という点でハースが利益を得ている事も、また確かで、2年目という状況を考えれば、チームが早急に結論づける必要は、騒がれている程に大きくはないかもしれない。

最も厳しい状況にあるのはラティフィだろう。チームに多額の資金を持ち込んでいる事がシート獲得の大きな要因だが、新加入のアルボンに遅れを取り、オスカー・ピアストリやニック・デ・フリースといった魅力的な代替候補が噂される中、かつてないほどのプレッシャーにさらされているであろう事は疑いない。

カタロニア・サーキットのパドックを歩くハースのミック・シューマッハとケビン・マグヌッセン、2022年5月21日F1スペインGPCourtesy Of Haas

カタロニア・サーキットのパドックを歩くハースのミック・シューマッハとケビン・マグヌッセン、2022年5月21日F1スペインGP

レースエンジニアのゲータン・ジェゴと共にイモラ・サーキットを歩くウィリアムズのニコラス・ラティフィ、2022年4月21日F1エミリア・ロマーニャGPCourtesy Of Williams

レースエンジニアのゲータン・ジェゴと共にイモラ・サーキットを歩くウィリアムズのニコラス・ラティフィ、2022年4月21日F1エミリア・ロマーニャGP

ただ、如何に色々思惑を巡らせたところで、F1における契約ストーリーがどう転ぶかが全く分からないのは過去を見れば明らかで、サマーブレイク、そして後半戦の序盤に向けてサプライズがあっても不思議ではない。