2019-20WECバーレーン8時間で優勝したTS050 HYBRID 7号車 (マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス)copyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WECバーレーン決勝:トヨタが今季3度目の1-2「2019年を勝利で締め括れて最高」と小林可夢偉

  • Published:

2019-2020年 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間決勝レースが12月14日(土)に行われ、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名が駆るトヨタTS050 HYBRID 7号車が今季2勝目をマーク。ドライバーズランキング争いで再び首位に立った。

2位はセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーの8号車。トヨタ勢は今回も厳しいサクセス・ハンディキャップを抱えたが、安定した走行と素早いピットストップ、そして高い信頼性と共に8時間を走り抜き、1,390kmのレースで今季3度目の1-2フィニッシュを飾った。

WEC 2019-2020年 第4戦 バーレーン8時間レース 決勝

「今年最後のレースを勝利で締めくくることができて最高です」と小林可夢偉。「素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝します。強力なライバルとの厳しいレースになることは分かっていましたが、我々はミス無く、素早いピットストップにも助けられて着実にレースを戦いました。マイクとホセも素晴らしい走りでした。まだシーズンは長いですが、今日の結果は本当に嬉しいですし、この勢いを維持していきたいです」

予選で最速を刻みポールポジションを獲得したブルーノ・セナ、グスタボ・メネゼス、ノルマン・ナトが駆るレベリオン1号車は、スタート直後に同じくフロントローのジネッタ5号車と接触しスピン。8時間のレースは波乱の展開で幕を開けた。背後にいた3番手スタートの8号車は、この影響で車体左前に軽くダメージを負い10位へと後退。間一髪でアクシデントをかわした7号車が首位に立った。

車体にダメージを負った8号車ブエミは、最初のピットストップで破損パーツの交換を余儀なくされ4位へとポジションダウンするも、その後はトップ3を猛追すべくプッシュを続け、ジネッタ6号車との激しいバトルの末、43周目に3位に浮上。その後、2位のレベリオン1号車がトラブルで5分ほどの長いピットインを強いられた際に2位へ上がり、TOYOTA GAZOO Racingが1-2体制を築いた。

7号車はリスクを抑えて周回を続け、トラブル無く残りのレースを走り切り、257周を走破してトップチェッカーを受けた。8号車は中嶋のドライブで2位フィニッシュ。この結果、7号車がドライバーズランキング首位に立ち、7号車が8ポイント差の2位に続いた。またチームランキングでは、TOYOTA GAZOO Racingが首位をキープし、2位レベリオンに41ポイント差をつけた。

村田久武チーム代表は「優勝は非常に難しいと思っていたので、今日の1-2勝利は素直に嬉しいです。レースは最後まで接戦になると思っていただけに、ライバル達がトラブルに見舞われて少し残念でした。2019年は、2回目のル・マン優勝と世界チャンピオンを獲得した大変良い年で、今日の勝利がそれに花を添えてくれました。ファンの皆様、WECの関係者の方々にこの場を借りて感謝致します」と語った。

WECバーレーン8時間 LMP1決勝結果

順位 No. ドライバー チーム 周回 トップとの差
1 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
257
2 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
256 1 Lap
3 1 ブルーノ・セナ
グスタボ・メネゼス
ノルマン・ナト
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
254 3 Laps
6 マイク・シンプソン
クリストファー・ダイソン
ガイ・スミス
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
195 62 Laps
5 チャーリー・ロバートソン
ベン・ハンリー
ジョーダン・キング
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
143 114 Laps