WEC2019-2020年開幕戦 シルバーストーン4時間 公式予選でポールポジションを獲得したトヨタ7号車のマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WECシルバーストーン4時間 予選:トヨタがフロントロー独占、可夢偉がコースレコードでPP

  • Published:

2019-2020年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)開幕シルバーストーン4時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車が3年連続となるポールポジションを獲得。8号車が2番手に続き、トヨタが最前列を独占した。

暖かな気候のもと正午過ぎから行われた予選では、マイク・コンウェイと小林可夢偉がアタックした7号車が平均タイムでトップにつけ、ポールポジション及びボーナスの1ポイントを獲得。選手権をリードすることとなった。小林可夢偉のマークした1分35秒992は、シルバーストーンのLMP1コースレコードを大きく塗り替えた。

シルバーストーンを走行するTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID

7号車は前日の公式練習2回目の終盤に、モノコックにダメージを負い、チームメカニックが夜を徹してシャシー交換を実施。決して順調な流れの中で手にしたポールではなかった。

「まず夜を徹したハードワークで車両を修復してくれたチームに感謝します」と小林可夢偉。「昨日の公式練習2回目で僅かな接触があり、それ自体は大きなダメージではなかったのですが、縁石を乗り越える際に車体にダメージを追ってしまいました。昨晩のチームの素晴らしい仕事に、本当に感謝しています」

「予選ラップはとても上手く走れ、パフォーマンスを最大限に引き出すことが出来ました。TS050 HYBRIDの感触は本当に素晴らしく、ロングランのペースも良いので明日の決勝レースでも自信があります。レースで何が起こるかは誰にもわかりませんが、ベストを尽くします」

トヨタのブレンドン・ハートレーと中嶋一貴、WEC2019-2020年開幕戦 シルバーストーン4時間 公式予選にて

中嶋一貴とセバスチャン・ブエミがアタックした8号車は、0.3秒という僅差で7号車に敗れ2番手。ブレンドン・ハートレーは予選には出走しなかったものの、明日の決勝レースでのTOYOTA GAZOO Racingでのデビュー戦に臨む。

「チームにとって良い予選だった」とセバスチャン・ブエミ。「最高のラップタイムを刻んだ7号車におめでとうを言うよ。明日の決勝に向けて、走行データから足りない点を分析して改善してみせる。勝利を目指して、出来る限りの準備を整えるつもりだ」

同じLMP1クラスのライバルであるレベリオン・レーシングの1号車は、ポールポジションの7号車に0.545秒と迫ってみせた。昨年のシルバーストーン戦でのノン・ハイブリッド勢最上位とポールポジションとの差は2秒以上。今年のライバル勢は大きく性能を上げ、決勝レースも接戦が予想される。

シルバーストーン4時間レースは、9月1日(日)正午にスタートを迎える。世界選手権の長い戦いは、2020年6月14日のル・マン24時間レースのチェッカーフラッグが振られるまで続く。

WECシルバーストーン4時間 LMP1予選結果

順位 No. ドライバー チーム タイム ギャップ
1 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
1:36.015
2 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
1:36.315 0.300
3 1 ブルーノ・セナ
グスタボ・メネゼス
ノルマン・ナト
レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
1:36.560 0.545
4 3 ナタナエル・ベルトン
ピポ・デラーニ
ロイック・デュバル
レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
1:37.024 1.009
5 6 マイク・シンプソン
オリバー・ジャービス
ガイ・スミス
チームLNT
ジネッタG60-LT-P1・AER
1:37.220 1.205
6 5 チャーリー・ロバートソン
ベン・ハンリー
イゴール・オルトツェフ
チームLNT
ジネッタG60-LT-P1・AER
1:37.464 1.449