上海インターナショナル・サーキットを走るトヨタTS050 HYBRID 2018年11月17日copyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WEC上海6時間予選:7号車がポールポジション、トヨタが最前列独占「マシンにも走りにも満足」と小林可夢偉

  • 最終更新:

WEC世界耐久選手権 第5戦上海6時間レース予選が17日土曜に上海インターナショナル・サーキットで開催され、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車がポールポジションを獲得。これに8号車が2番手で続き、僅差の争いとなった予選でトヨタがフロントロウを独占した。

「素晴らしいマシンを仕上げてくれたチームに感謝します」と可夢偉。「午前中、コースの路面はとても汚れていたのですが、予選セッションの間に良くなりました。マイクが素晴らしいラップタイムをマークした後に僕も再度アタックし、更にタイムを更新することが出来ました。自分のラップタイムに満足ですし、ポールポジションからスタートできるのも嬉しいです。でも、明日の決勝レースはタフなものになると予想しています」

2018年WEC第5戦上海6時間レース公式予選でポールポジションを獲得したトヨタ TS050 HYBRID 7号車の小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス

前戦富士のウィナーである小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペスの7号車の平均タイムは1分42秒931。2番手につけた選手権首位の中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソの8号車は0.228秒という僅かの差でポールを逃した。とは言え、アロンソはチームの1-2に満足感を示す。

「予選を1-2で終えることが出来たのはチームに取って非常に良い結果だよ」とアロンソ。「ただノン・ハイブリッド車とは非常に接戦で、予選用のハイブリッド・パワー・セッティングに加えて、リードを保つために走行のたびに新品タイヤを使う事になった。明日は雨が予想されるし、難しいレースになると思う」

「7号車に対しては少しスピードが足りませんでしたが、予選ではベストを尽くしましたし、TS050 HYBRIDの出来には満足しています」と中嶋一貴。アロンソ同様にライバルチームの肉薄に言及し、予選モードがなければ後塵を拝していた可能性もあると振り返る。

「驚くべきことはノン・ハイブリッド車が非常に速かったことです。我々は予選用のハイブリッド・パワー・セッティングで走りましたが、彼らはほぼ同じペースでした。それがなければ負けていたかもしれません。明日のレースでは適切なタイヤ選択を行い、ミス無く走ることに集中します」

3番手にはレベリオン・レーシングのレベリオンR13・ギブソン1号車、アンドレ・ロッテラー/ニール・ジャニ/ブルーノ・セナ組。8号車に対して0.059秒差に迫り、ノン・ハイブリッド勢として最上位につけた。

トヨタ以外のLMP1クラスのノン・ハイブリッド勢に対しては、前戦富士での燃料・重量調整に加え、今大会では燃料タンク容量や使用量の増加など、燃料面で優位となる性能調整が採り入れられた。その甲斐もあってTOYOTA GAZOO Racingの2台を含むトップ4台は1秒以内という僅差の争いとなった。

初日16日(金)は一日雨模様だったものの2日目は一変。終日好天に恵まれた。ル・マン以外のWECの予選は2人のドライバーがアタックし、それぞれの最速タイムの平均で決定される。現地午後2時半にスタートしたLMPクラスの予選では、可夢偉とアロンソが先陣を切りアタックを担当。決勝は雨が予想されているため、新品ドライタイヤをフルに使いコンウェイと中嶋へバトンを引き継いだ。

セッションの経過とともにコースコンディションも改善。それに伴ってラップタイムも向上していった。そのため、トヨタは終盤に再び小林とアロンソに再度のアタックを指示。新品タイヤと予選用ハイブリッド・パワー・セッティングでアタックした2台は自己ベストを更に削ってタイムを更新。トヨタとして今季5戦連続のポールポジションを達成した。

WEC上海6時間決勝レースは、18日(日)現地時間午前11時(日本時間正午)にスタートする。

WEC上海6時間 LMP1公式予選結果

順位 チーム ドライバー タイム
1 #7
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
1:42.931
2 #8
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
1:43.159
3 #1
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
アンドレ・ロッテラー
ニール・ジャニ
ブルーノ・セナ
1:43.218
4 #17
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
マテヴォス・イサアキャン
1:43.870
5 #3
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
トーマス・ローレン
マティアス・ベシェ
グスタボ・メネゼス
1:44.179
6 #10
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
ベン・ハンリー
ジェームス・アレン
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
1:44.612
7 #11
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ジェンソン・バトン
1:44.789
8 #4
バイコレス・レーシング・チーム/
エンソ・CLM P1/01・ニスモ
オリバー・ウェッブ
トム・ディルマン
ジェームス・ロシター
1:46.353