グリッドを歩くフェルナンド・アロンソcopyright Mclaren

アロンソWEC富士参戦へ!FIA、開催スケジュールを変更

  • 最終更新:

FIA 世界耐久選手権(WEC)は2月9日、WEC第4戦富士6時間レースを1週間前倒しの10月14日(日)に開催することを発表した。これにより富士とF1アメリカGPとのバッティングは解消され、フェルナンド・アロンソはWEC富士への参戦が可能となった。

1月30日、WECトヨタ・ガズーレーシングは、現マクラーレンF1チームのフェルナンド・アロンソを起用する事を発表。アロンソはF1カレンダーとバッティングしない全てのWECイベントに出場する事が明らかにされていたが、富士6時間はF1アメリカGPと日程が重なるため、欠場が予想されていた。

だが、トヨタとWEC双方にとってアロンソを全戦参戦させたいのは山々。2度のF1ワールドチャンピオンにして現役最強と名高いアロンソの電撃参戦を受け、FIA国際自動車連盟とWECが富士6時間の日程変更を検討していると報じられていた。

アロンソただ一人のためだけに既に確定済みのカレンダーを変更する事の是非を問う声もあがった。昨年のルマン24時間レースで、ジャッキー・チェン DCレーシングをLMP2クラス優勝に導いたオリバー・ジャービスは、「WECやトヨタ、富士スピードウェイにとって商業的な利益が絡んでいる事は理解できるけど…」とした上で次のように語っていた。

「既に決定している現行のスケジュールに基いて契約を済ませている他のドライバー達は一体どう思うだろうね?彼らは長年にわたってこの選手権に忠誠心を捧げてきたというのに」

WECドライバー、日程変更に苦言

変更後の富士6時間は、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権プチ・ル・マンの開催日とバッティングしているため、プチ・ル・マンに参戦する予定だったWECドライバー達は、再度契約関係を見直す必要に迫られる。