2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)ドライバーズチャンピオンを獲得したトヨタ・ガズーレーシング7号車の小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス、最終第8戦バーレーン8時間レースにてcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WEC最終バーレーン:トヨタ7号車が悲願のチャンピオンを獲得!小林可夢偉「関係者全員の努力の賜物」と感謝

  • Published:

2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)の最終第8戦、バーレーン8時間レースの決勝が11月14日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車がポール・トゥ・ウィンを飾り、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス組が悲願のWECドライバーズチャンピオンを獲得した。

過去2度に渡ってル・マン24時間レースで苦渋を味わった7号車は着実に263周を走り抜き、ディフェンディング王者のセバスチャン・ブエミと中嶋一貴の2名とブレンドン・ハートレーがタッグ組んだ8号車を64.594秒差で2位に抑えて、堂々の栄誉を勝ち取った。

2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)最終第8戦バーレーン8時間レースの様子
© TOYOTA MOTOR CORPORATION

本大会はトヨタ勢によるドライバーズタイトルを懸けた一騎打ちとなった。ル・マン24時間レースで不運に涙を飲んだ7号車は、8号車に対して1周あたり0.54秒のサクセス・ハンディキャップを得て有利な条件でレースに挑み、コンウェイがスタートを担当。小林可夢偉、ロペスへとドライバーを交代しながら、着実に後続を引き離していった。

レース半分を消化したところで2台の差は75秒に開いていたが、ピットレーン入口のデブリ除去のためにセーフティカーが導入された事でギャップが消滅。8号車が7号車へのプレッシャーを強めたものの、ロペスからコンウェイへと繋いだ7号車が再びリードを拡げる展開へと持ち込んだ。

残り1時間で両車のタイム差は1分に広がり、最後に7号車のステアリングを握った小林可夢偉が263周を走破してトップチェッカーを受け、2位でチェッカーを受けた8号車を5ポイント差でランキング2位に抑えて世界チャンピオンの栄冠を手にした。

ロペスは「僕らは目標を達成するために懸命に努力を続け、可夢偉、マイクとともについに世界チャンピオンを獲得した。僕にとって2人は兄弟のような存在だ。本当に最高の気分だよ」と喜びを語り、小林可夢偉は次のように述べ、関係者全員への感謝の言葉を口にした。

「日本、そしてドイツのケルン(TGR-Europe拠点)からサポートしてくれた全ての人々に感謝します。振り返れば、2016年からTS050 HYBRIDの開発のために本当にハードワークを続けてくれました。簡単ではありませんでしたが、今となってはこの最高の車とともに素晴らしい想い出です」

「チームはル・マンで3連覇を達成し、僕らは7号車とともに世界チャンピオンを獲得しました。これ以上の結果は望めないと思いますが、これはドライバーだけで成し遂げられた記録ではありません。メカニック、エンジニアやこのプロジェクトに携わった全ての皆さまのおかげです。本当にありがとうございました」

中嶋一貴は7号車に祝福の言葉を贈りつつ、苦戦した理由にサクセス・ハンディキャップを挙げた。ハートレーは「ミス無くレースを戦い抜いた7号車を祝福したい。彼らは世界チャンピオンに値する仕事を成し遂げた」とライバルを称賛した。


© TOYOTA MOTOR CORPORATION

シーズンは砂塵の中で幕を閉じたが、2021年シーズンに向けた準備は既に始まっている。トヨタは来年3月19日に開催されるセブリング1000マイルレースでのデビューに向けて、新たなハイパーカー規定に則った車両での耐久テストを今後数ヶ月間に渡って行う計画だ。

今回のバーレーン8時間は、トヨタが2012年より参戦してきたLMP1の時代の幕引きとなった。過去9年間、8シーズンに渡ってトヨタWECチームは64戦を戦い、優勝29回、ポールポジション26回、ファステストラップ24回、そして3度のチーム及びドライバーのダブルタイトルを獲得した。この間に燃料消費率は35%改善し、ル・マンでのラップタイムは10秒も縮まった。

村田久武チーム代表は「LMP1の時代とTS050 HYBRIDにとって最後のレースは、大変感慨深いものでした。この8シーズンの間、様々な想い出があり、興奮冷めやらぬレースや素晴らしいライバル、そして最高のクルマたちを思い出します。この期間、WECの一員として携われたことに改めて感謝するとともに、新たなハイパーカーの時代もファンの皆様に素晴らしいレースを見せられるよう尽力いたしますので、引き続きご期待ください」とのコメントを寄せた。

WEC第8戦 バーレーン8時間 決勝結果(総合順位)

順位 ドライバー チーム 周回 トップとの差
1 #7
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
263
2 #8
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
263 1:04.594
3 #37
ジャッキー・チェン・DCレーシング
Oreca 07-Gibson
ホー・ピン・タン
ガブリエル・オーブリ
ウィル・スティーブンス
247 16 Laps
4 #38
イオタ
Oreca 07-Gibson
ロベルト・ゴンザレス
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
アンソニー・デビッドソン
247 16 Laps
5 #29
レーシング・チーム・ネーデルランド
Oreca 07-Gibson
フリッツ・ヴァン・イアード
ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ニック・デ・フリース
247 16 Laps