女性限定Wシリーズの2019年参戦ドライバーcopyright wseries.com

女性限定「Wシリーズ」参戦ドライバー18名が決定、日本からは小山美姫が合格

  • 最終更新:

女性レーシングドライバー限定の新たなモータースポーツ「Wシリーズ」は3月28日、初開催となる今シーズンに参戦する18名のドライバーを発表した。日本からは、夢はF1ドライバーと語る今年20歳を迎えた小山美姫(神奈川県出身)がリストに名を連ねた。

世界30ヵ国100人以上の中から選ばれた若き28名のドライバー達が、書類選考とオーストリアのメルクでの基礎審査を突破。スペインのアルメリアで4日間に渡って行われた最終選考では、実戦でドライブする事になるFIA国際自動車連盟 F3仕様に準拠したレースカー「Tatuus F3 T-318」を使っての実車テストが行われ、小山美姫を含む最終18名が決定された。

審査員を務めた元F1ドライバーのデイビット・クルサードは「選考は予想していた以上に難しかった。フィールド上での彼女たちはみな、非常に接近していた」と述べ、想像を上回る高いレベルの才能が集まった事に満足感を示した。

合格者達は、4月14日から3日間に渡って独ユーロスピードウェイ・ラウジッツで開催されるプレシーズンテストに参加。初年度は5月から8月にかけてヨーロッパでの6戦が予定されており、開幕戦はDTMのサポートレースとして、ドイツ・ホッケンハイムリンクで行われる。

Wシリーズ初年度参戦ドライバー一覧

ドライバー 国籍
Jamie Chadwick イギリス
Sabre Cook アメリカ
Marta Garcia スペイン
Megan Gilkes カナダ
Esmee Hawkey イギリス
Jessica Hawkins イギリス
Shea Holbrook アメリカ
Emma Kimilainen フィンランド
小山美姫 日本
Sarah Moore イギリス
Tasmin Pepper 南アフリカ
Vicky Piria イタリア
Alice Powell イギリス
Gosia Rdest ポーランド
Naomi Schiff ベルギー
Beitske Visser オランダ
Fabienne Wohlwend リヒテンシュタイン
Caitlin Wood オーストラリア