2019年のレースウェアを着たマックス・フェルスタッペンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

フェルスタッペン:新車「RB15」とホンダエンジン、ガスリーとの協業、2019年の目標を語る

  • 最終更新:

新たなエンジンパートナーとしてホンダを迎え入れたレッドブル・レーシング。いよいよ2019年の新車「RB15」の発表の時がやってきた。

猛牛軍団での4シーズン目に挑むマックス・フェルスタッペンは今季の見通しについて、実際に「RB15」を走らせてみないと何も判断出来ないとして、現実的なスタンスを示しながらも、エンジンと車体の開発に取り組むレッドブルとホンダの懸命の努力に感銘を受け、少なからず手応えと自信を示している。

チームとのロング・インタビューに臨んだフェルスタッペンは「シーズン開幕が待ちきれないよ」と切り出し、ホンダのパワーユニット開発状況、規約変更、2019シーズンの目標、新しいチームメイトであるピエール・ガスリーについて語った。

「チーム全体がホンダと共にどのように機能しているか、エンジンがシャシー組み合わされた時にどうなるのかを早く見たい。その事を一番楽しみにしてる。本当にワクワクしてるんだ。オフシーズンはかなり長いからね。最初の2、3週間は良いんだけど、その後は仕事に取り掛かりたくてウズウズしちゃうんだ」

2019年の目標は何か?

「まずはエンジンと車体がどうなるのかを見極めなきゃならない。開幕オーストラリアGPまでは、目標を設定することは出来ないよ。フォーミュラ1では、成績はパッケージ次第だからね。僕は常に可能な限りベストを尽くして出来る限りの結果を引き出そうとしてるけど、そうは言ってもマシンパッケージに大きく依存するから、取りあえずはクルマがどうなるのかを見てみなきゃ」

ホンダエンジンの開発について

「早くホンダのエンジンを使ってみたくてワクワクしてるよ。アップシフトやダウンシフトの感触、ドライバビリティの程度、そしてどれだけのパワーがあるのか​本当に楽しみでならない」

「ホンダを新しいパートナーに迎えて、僕らは彼らと共に本当に多くの事を期待している。チームの誰もがとても前向きだけど、僕は若干時間が必要だとも思ってる。最初のレースから完璧にやる事は難しいからね。確かにチームとしてミスをする瞬間もあると思うし、思うように物事が進んでいかない事もあると思う」

「でも僕が凄く重要だと考えているのは、チームとホンダが死に物狂いで開発作業に取り組み努力を続けてるって事なんだ。現時点では本当に楽観視してるけど、それと同時に現実的な視点ももってる。どうなるかは、時が経てば分かるよ」

新しいレギュレーションについて

「やっぱり大きな変化はフロントウイングだね。オーバーテイクを改善させるために、従来よりもはるかにシンプルで幅も広くなった。この試みがうまくいくかどうかは分からないけど、全員にとって新たな課題となるのは間違いないだろうね。後は燃料の増加がある。それとリアウイングの同じ様に少し大きくなった。でも僕としてはそんなに大きな影響はないと思ってる」

2019年F1レギュレーション

フィールドは接近する?

「昨年散々なシーズンを過ごした連中は、そのミスから学んで、昨年よりは挽回してくるんじゃないかな。上手く運営してたチームに関しては、今年も上手くやるんじゃないかと思う。規約の変更がレースの質を改善するとは思えないよ。今のクルマはダウンフォースが大き過ぎるし幅だって広過ぎるからね」

「オーバーテイクしやすいコースもあれば、全然追い抜けないトラックもある。僕としてはそういった差がなくなって同じ様に抜けるようになったら良いなと思うけど」

ピエール・ガスリーについて

「ゴーカート時代から彼とはとても良い思い出があるんだ。あれから数年が経って、僕らは今こうして共にフォーミュラ1にいる。ふたりともドライバーとして大きく成長したと思う。ただF1はカートとは世界が違う。ドライバーはチームの一員として振る舞わなきゃならない」

「(ふたりとも年齢が若いことについて)利点だとは思わないけど、かと言って欠点だとも思わない。僕はF1で3シーズンを過ごしてるから、その経験に頼ることができる。ピエールは一年ちょっとだけど、レッドブルというチームはとても経験豊富だから、僕と彼の経験不足を補ってくれる。もちろん30歳になればもっと多くの経験を積むことが出来るけど、それが必ずしも速さに繋がるかと言えばそうじゃない」