雨のイスタンブール・パーク・サーキットの最終コーナー、2020年F1トルコGP予選にて

F1トルコGP《予選》ハイライト動画:雨で2度の赤旗 大混乱、1997年以来のカナダ人ポールシッターが誕生

  • Published: Updated:

雨の影響で2度の赤旗中断を強いられ、スクーデリア・フェラーリがダブルQ2敗退を喫した一方でアルファロメオが2台揃ってQ3に駒を進めるなど、2020年F1第14戦トルコGP予選は混乱に見舞われた。

全セッションで最速を刻んでいたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、最後に履いたインターミディエイトタイヤの感触が合わず、レーシングポイントのランス・ストロールにキャリア初のポールポジションを許す事となった。

1997年ヨーロッパグランプリのジャック・ビルヌーブ以来、カナダ人ドライバーとして初めてのポールポジションだった。

日本語解説付きのDAZN編集、2分7秒版のハイライト動画は以下。動画プレイヤーが表示されない場合はこちらをクリック。

セッションの詳細と順位結果は、F1トルコGP《予選》結果とダイジェストを参照されたい。

F1トルコGP特集