日本初のバイク型コースター「GPレーサーズ」

鈴鹿サーキット、バイク型アトラクション「GP RACERS」を日本初導入

  • 最終更新:

モビリティランドが運営する三重県鈴鹿サーキットは、モータースポーツの楽しさをファミリーで体感できるエリアGPフィールドに、日本初となるバイク型リアルライディングコースター「GP RACERS(ジーピー・レーサーズ)」をオープンさせる。

「GP RACERS」は、レーシングバイクが駆け抜けるスピード感や、マシンをバンクさせて高速でコーナーを駆け抜ける雰囲気など、トップレーサー達が感じている世界を体験できるアトラクション。2020年3月の開業を目指している。

マシンはスピード感あふれる大型スポーツバイクをベースとし、本物のバイクさながらのリアルな前傾ポジションでレーサー気分を堪能できる。1台に2名で乗車できるため、親子で、あるいは友達同士で一緒に楽しめるものになるという。

コースは全長約400m。2台のバイクが同時にスタートし、実際にレースに参加しているようなスピード感を味わいながら、隣を走るライバルとのハイテンションバトルシーンを体験できる。