タイトルを獲得したVANTELIN TEAM TOM'Sのニック・キャシディ、2019年スーパーフォーミュラ最終鈴鹿にてcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

ニック・キャシディ、山本尚貴を退け逆転チャンピオン「涙が止まらなかった」2019年スーパーフォーミュラ鈴鹿

  • Published:

2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦 最終戦鈴鹿の決勝が10月27日に三重県鈴鹿サーキットで開催され、ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が2位フィニッシュ。シリーズ参戦3年目にして、悲願のシリーズチャンピオン獲得を果たした。

トヨタにとっては2017年の石浦宏明(JMS P. MU/CERUMO・INGING)以来のタイトル奪還で、国内トップフォーミュラでの外国人ドライバーチャンピオンとしては、2011年のアンドレ・ロッテラー以来。スーパーフォーミュラでは初の外国籍王者が誕生した。

2019年スーパーフォーミュラ最終鈴鹿表彰台セレモニー
© TOYOTA MOTOR CORPORATION

決勝レーススタート時点では、前年王者の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が29点で選手権をリード。ニック・キャシディが1点差でこれを追う展開で、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)、山下健太(KONDO RACING)、そして小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)の5名に、シリーズチャンピオンの可能性が残されていた。

前日まで降った雨は止み、予選は気温23度、路面温度25度というドライコンディションの下で、26日(土)午後12時25分から行われた。Q3セッションで唯一35秒台を刻んだアレックス・パロウが1分35秒972のポールポジション。2番手に野尻智紀(TEAM MUGEN)、3番手にルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)が続いた。

2年連続の王座を目前にした山本尚貴はスターティンググリッド5番手。トヨタ勢で唯一Q3へと進んだニック・キャシディは6番手。タイトルを争うライバル同士が同じ3列目に並んで決勝レースに臨むこととなった。

アレックス・パロウ、2019年スーパーフォーミュラ最終鈴鹿にて
© Honda Motor Co., Ltd、アレックス・パロウ

2019年スーパーフォーミュラ最終鈴鹿レーススタート
© Honda Motor Co., Ltd

決勝レースは晴れ間の差す空の下、気温23度、路面温度26度の好コンディションで、27日(日)午後14時に43周の戦いの火蓋が切って落とされた。ミディアムタイヤを装着したアレックス・パロウが先頭をキープ。6番手スタートのニック・キャシディはソフトタイヤでのスタートを選択し、3周目のシケインで山本尚貴をオーバーテイク。3位へと浮上した。

規定の7周目を終えたところで、ミディアム陣営が一斉にピットへ向かいソフトタイヤへ交換。アレックス・パロウは8周を終えて予定どおりピットイン。代わって先頭に立った野尻智紀は、同じくソフトタイヤのままステイアウトしたニック・キャシディを従えて周回を重ねた。

野尻智紀は33周を走ってピットイン。ミディアムタイヤに交換して、事実上のトップを守ったままレースに復帰。そのままニック・キャシディの追撃を振り切って、トップチェッカーを受けた。野尻智紀にとっては、2014年第6戦以来2回目の優勝。2位はニック・キャシディ、3位にはスーパーフォーミュラで自身初の表彰台となる福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が入賞した。

山本尚貴、2019年スーパーフォーミュラ最終鈴鹿にて
© Honda Motor Co., Ltd、山本尚貴

山本尚貴はミディアムからソフトへと交換する戦略が裏目に出て5位でフィニッシュ。この結果、ポイントランキングでニック・キャシディに逆転を許し、ランキング2位でシーズンを終えたものの、所属するDOCOMO TEAM DANDELION RACINGはチームチャンピオンに輝いた。また、ポールながらも予定外のタイヤ交換ピットインを強いられ19位に終わったアレックス・パロウは、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

「何と言って良いか、言葉が出ない」とニック・キャシディ。「ピットに戻るまで涙が止まらなかった。タフなシーズンだった。僕らは常に最速ではなかったけど、素晴らしいチームと共にレースで強さを見せ、それが結果に繋がった。僕にとっては、これで日本で3つ目のタイトルを獲得したわけだけど、その全てがトムスチームと共に得たものだ。彼らは家族のような存在だ。ずっと応援してくれたファンにも感謝している」

VANTELIN TEAM TOM'S、2019年スーパーフォーミュラ最終鈴鹿にて
© TOYOTA MOTOR CORPORATION

2019年スーパーフォーミュラ 第7戦 決勝結果

順位 ドライバー 周回 タイム 予選 エンジン
1 野尻 智紀
TEAM MUGEN
43 1:14’24.627 2 HONDA
2 ニック・キャシディ
VANTELIN TEAM TOM’S
43 2.532 6 TOYOTA
3 福住 仁嶺
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
43 3.883 4 HONDA
4 関口 雄飛
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
43 6.254 15 TOYOTA
5 山本 尚貴
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
43 18.744 5 HONDA
6 石浦 宏明
JMS P. MU/CERUMO・INGING
43 22.129 20 TOYOTA
7 塚越 広大
REAL RACING
43 31.628 7 HONDA
8 平川 亮
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
43 32.101 12 TOYOTA
9 山下 健太
KONDO RACING
43 32.830 11 TOYOTA
10 坪井 翔
JMS P. MU/CERUMO・INGING
43 45.204 13 TOYOTA
11 ルーカス・アウアー
B-Max Racing with motopark
43 45.357 3 HONDA
12 小林 可夢偉
carrozzeria Team KCMG
43 45.584 16 TOYOTA
13 牧野 任祐
TCS NAKAJIMA RACING
43 49.398 8 HONDA
14 中嶋 一貴
VANTELIN TEAM TOM’S
43 50.091 10 TOYOTA
15 国本 雄資
KONDO RACING
43 54.61 14 TOYOTA
16 中山 雄一
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
43 57.247 18 TOYOTA
17 大嶋 和也
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
43 1:03.055 17 TOYOTA
18 ユーリ・ビップス
TEAM MUGEN
43 1:09.868 19 HONDA
19 アレックス・パロウ
TCS NAKAJIMA RACING
43 1:11.817 1 HONDA
20 ハリソン・ニューウェイ
B-Max Racing with motopark
42 1 Lap 9 HONDA

ドライバーズポイント シーズン最終結果

順位 ドライバー エンジン ポイント
1 ニック・キャシディ TOYOTA 36
2 山本 尚貴 HONDA 33
3 アレックス・パロウ HONDA 26
5 山下 健太 TOYOTA 21
6 小林 可夢偉 TOYOTA 19
8 関口 雄飛 TOYOTA 16
10 平川 亮 TOYOTA 12
11 中嶋 一貴 TOYOTA 12
12 坪井 翔 TOYOTA 12
13 石浦 宏明 TOYOTA 10
14 大嶋 和也 TOYOTA 7
17 国本 雄資 TOYOTA 5