2018年スーパーフォーミュラ開幕鈴鹿決勝レーススタート直後の1コーナーcopyright Honda

山本尚貴ポール・トゥ・ウイン!期待の福住はトラブルで無念のリタイヤ / スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿 決勝順位結果

  • 最終更新:

2018年スーパーフォーミュラ開幕鈴鹿の決勝レースが22日(日)に三重県鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした山本尚貴(TEAM MUGEN)がキャリア通算4度目の優勝を手にした。2位には12番グリッドから徐々にポジションを上げた関口雄飛(TEAM IMPUL)、3位には野尻智紀(DANDELION)という結果となった。

「本当にうれしい優勝です」と山本。「スタートする前から、自分たちとは違う戦略をとってくるチームがいるだろうなと予想はしていました。もし前に行かれても結果的に勝てるだろうと思えるほどマシンに手応えがありましたが、後ろを走ればタイヤを傷めてしまうので、それだけは避けようとがんばりました」

2018年スーパーフォーミュラ開幕鈴鹿で勝利した山本尚貴
© Honda

「勝ったとはいえ決して余裕があったわけではなくて、もっと周回数があったら、もしかしたら違う結果になっていたかもしれない展開でした。次のレースに向けてデータを分析してチームと万全の準備をします」

2スペックタイヤ制がフル導入となった今シーズンのスーパーフォーミュラ。コンパウンドが柔らかくタイムが稼げるソフトタイヤと、コンパウンドが固めのミディアムタイヤという異なる2種類のタイヤの使用が義務付けられ、上位グリッドのドライバーの多くはミディアムタイヤでレースをスタート。一方、関口をはじめとした中段以降のドライバーの多くがソフトタイヤを選択した。

トップからスタートした山本は終始安定したペースを刻み続け、ソフトタイヤへの交換も無難に処理。ソフトに履き替えたレース終盤、怒涛の追い上げをみせていた関口に対してギャップを詰められはしたものの、危なげなく逃げ切ってみせた。
 
ソフトスタートの関口は24周まで第一スティントを引っ張りミディアムへ交換。山本より1秒近いタイムを刻んで追撃したが一歩及ばなかった。3番グリッドの野尻は、好ダッシュを決めるも加速途中に失速。スタートで順位を落としたが、巧みなタイヤマネジメントでポジションを回復、3位でチェッカーを受けた。

注目のルーキー、2番グリッドの福住仁嶺(TEAM MUGEN)は健闘虚しく32周目に電気系のトラブルでリタイヤ。松下信治(DANDELION)は12位、千代勝正(B-Max Racing)は14位、ピエトロ・フィッティパルディ(SUNOCO)16位に終わった。

2018年スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿 決勝順位結果

Pos. Driver Team Lap Time
1 山本 尚貴 TEAM MUGEN 51 1:29’25.365
2 関口 雄飛 TEAM IMPUL 51 1:29’27.085
3 野尻 智紀 DANDELION 51 1:29’39.082
4 石浦 宏明 CERUMO・INGING 51 1:29’41.246
5 伊沢 拓也 NAKAJIMA RACING 51 1:29’56.272
6 塚越 広大 REAL 51 1:29’56.650
7 ニック・キャシディ KONDO 51 1:29’57.940
8 中嶋 一貴 TOM’S 51 1:30’06.832
9 山下 健太 KONDO 51 1:30’10.792
10 小林 可夢偉 KCMG 51 1:30’12.987
11 ジェームス・ロシター TOM’S 51 1:30’14.725
12 松下 信治 DANDELION M6Y 51 1:30’15.535
13 国本 雄資 CERUMO・INGING 51 1:30’35.845
14 千代 勝正 B-Max Racing 51 1:30’38.552
15 大嶋 和也 SUNOCO 51 1:30’54.702
16 ピエトロ・フィッティパルディ SUNOCO 50 1:30’57.304
17 ナレイン・カーティケヤン NAKAJIMA RACING 48 1:30’53.274
福住 仁嶺 TEAM MUGEN 32 58’24.576
平川 亮 TEAM IMPUL 24 42’41.258

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス大会は、5月12日(土)に予選、13日(日)に決勝レースが開催される。