フロアが改良されたメルセデスW13をドライブするジョージ・ラッセル、2022年5月20日F1スペインGP
Courtesy Of Mercedes-Benz Grand Prix Ltd.

メルセデス、フェラーリに迫る2番手も「レッドブルは依然として侮れない」とラッセル / F1スペインGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published:

2022 F1第6戦スペインGP金曜2回目のフリー走行が現地5月21日に開催され、フェラーリのシャルル・ルクレールがFP1に続いて最速を刻み、初日をトップで締め括った。カルロス・サインツは4番手。僚友からコンマ3秒遅れた。

ポイントリーダーの背後にはメルセデスの2台が続いた。ジョージ・ラッセルは0.117秒遅れの2番手、ルイス・ハミルトンは0.204秒遅れの3番手に並んだ。チームは週末に先立ち、W13に新型フロアとエンドプレートを含むアップグレードを投入した。

レッドブルはマックス・フェルスタッペンが5番手。ユーリ・ビップスからステアリングを引き継いだセルジオ・ペレスは7番手タイムを刻んだ。間には地元スペインの英雄、フェルナンド・アロンソが割って入った。

前戦までと比べてポーパシングもステアリング修正も大幅に改善され、レッドブルさえも凌ぐスピードを見せるメルセデスだが、初日に最速を刻みながらも予選・決勝ともに定位置まで後退したマイアミの経験もあり、全く楽観的ではない。

セッションを終えたラッセルは「ストレートでのポーパシングは確かにないけれど、コーナーではあちこちで影響が出ていて調整が必要だし、レッドブルは依然として本当に本当に手強そうに見える。侮れない。データを分析してみる必要がある」と慎重な姿勢を見せた。

取材に応じるメルセデスのジョージ・ラッセル、2022年5月20日F1スペインGPCourtesy Of Mercedes-Benz Grand Prix Ltd.

取材に応じるメルセデスのジョージ・ラッセル、2022年5月20日F1スペインGP

午前のFP1に引き続き現地バルセロナは晴天に恵まれ、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2はFP1よりやや低い気温30℃、路面42℃ドライコンディションでスタートした。

論争の火が上がりつつある”グリーン・ブル”こと、アストンマーチンは、セバスチャン・ベッテルが8番手をマーク。エステバン・オコン(アルピーヌ)を9番手に退けた。僚友ランス・ストロールは13番手という結果だった。

新たな持ち込みがバルセロナのコース要件に合わせたリアウイングのみと、アップグレードなきアルファタウリは、FP1で上々の滑り出しを見せたものの、FP2ではミック・シューマッハ(ハース)が10番手に飛び込み、ピエール・ガスリーは11番手、角田裕毅は14番手と揃って後退した。

全方位的にクルマの改良を行ったマクラーレンは1台が走行僅か6周に終わり、検証とデータ取りが進まぬ非常に厳しい1時間を過ごす事になった。

アップグレードでの走行を担当したランド・ノリスはフロアにダメージを負ったようで殆ど走り込む事ができなかった。旧仕様を担当したダニエル・リカルドは15番手でセッションを終えた。

アルファロメオにとっても悔やまれるセッションとなった。バルテリ・ボッタスはエンジントラブルに見舞われコース上でストップ。バーチャル・セーフティーカー(VSC)が導入された。周冠宇はチームメイトに続く17番手でクルマを降りた。

2022年F1第6戦スペイングランプリ3回目のフリー走行は、日本時間5月22日(土)20時から1時間の日程で開催される。

2022年F1第6戦スペインGPフリー走行2(FP2)リザルト

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:19.670 29
2 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:19.787 +0.117 27
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:19.874 +0.204 26
4 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:19.990 +0.320 31
5 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・RBPT 1:20.006 +0.336 27
6 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:20.203 +0.533 26
7 11 セルジオ・ペレス レッドブル・RBPT 1:20.632 +0.962 30
8 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:20.703 +1.033 31
9 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:20.745 +1.075 27
10 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:20.757 +1.087 25
11 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・RBPT 1:20.917 +1.247 28
12 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:21.013 +1.343 24
13 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:21.249 +1.579 32
14 22 角田裕毅 アルファタウリ・RBPT 1:21.285 +1.615 29
15 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:21.385 +1.715 22
16 77 バルテリ・ボッタス アルファロメオ・フェラーリ 1:21.828 +2.158 3
17 24 周冠宇 アルファロメオ・フェラーリ 1:21.866 +2.196 30
18 23 アレックス・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 1:22.319 +2.649 31
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:23.197 +3.527 25
20 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:23.388 +3.718 6

コンディション

天気晴れ
気温30℃
路面温度42℃

セッション概要

グランプリ名 F1スペインGP
セッション種別 フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称 カタロニア・サーキット
設立 1991年
全長 4675m
コーナー数 16
周回方向 時計回り

F1スペインGP特集