ガレージからピットロードへと出るメルセデスW11のルイス・ハミルトン、2020年F1イギリスGPcopyright Daimler AG

英シルバーストン・サーキットに「ハミルトン・ストレート」が誕生、7度の選手権制覇称え初のドライバー命名

  • Published:

英国シルバーストーン・サーキットは2020年12月12日(土)、F1世界選手権で7度目のドライバーズチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンの偉業に敬意を表し、インターナショナル・サーキットのピット・ストレートの名称を「ハミルトン・ストレート」と命名する事を発表した。

モータースポーツの聖地と呼ばれるシルバーストーン・サーキットの一部に個人名が付けられるのは今回が初となる。

シルバーストーン・サーキット、2020年F1イギリスGPにて
シルバーストーン・サーキット、2020年F1イギリスGPにて / © Pirelli & C. S.p.A.

シルバーストーンを所有するブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)の会長を務める元F1ドライバーのデイビッド・クルサードは12日午後、アブダビGPが行われているヤス・マリーナ・サーキットでハミルトンにこの朗報を伝えた。

トルコGPでミハエル・シューマッハに並ぶ7度目の栄冠に輝いたハミルトンは、2006年からBRDCのメンバーに名を連ねている。

クルサードは「BRDCの会長として、今日ルイスとこのニュースを共有できたことを嬉しく思う。シルバーストーンの歴史の中で、サーキットの一部に個人の名前が付けられたのは初めてのことだ。 ルイスはその歴史の中で非常に重要な存在であり、クラブ役員と私は、彼の記録的な業績を称えてピットストレートに彼の名前を付けること以上に、これを記念する良い方法はないと感じていた」と語った。

2020年イギリスGPの優勝トロフィーを掲げるメルセデスのルイス・ハミルトン
2020年イギリスGPの優勝トロフィーを掲げるハミルトン

ハミルトンは初のF1イギリスGP参戦となった2007年にポールポジションを獲得。以降、2014年から2017年までの4連覇を含めてこれまでにイギリスで7勝を挙げている。

今季は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でカレンダーが再編され、シルバーストーンでは2連戦が開催された。来季のF1イギリスGPは2021年7月16日~18日にシルバーストーンで開催される予定となっている。