F1ロシアGP予選でクラッシュを喫したレッドブル・ホンダのアレックス・アルボンcopyright Formula1

F1ロシアGP予選速報:ホンダ勢、Q1で2台が敗退…アレックス・アルボンがクラッシュ

  • 最終更新:

ソチ・オートドロームで開催中のF1ロシアGP公式予選の第一ラウンドで、2台のホンダエンジン勢が早々に姿を消した。1台は欠場、もう1台はクラッシュによってマシンを降りた。

F1ロシアGP予選最終結果

先陣を切ったのはウィリアムズ勢。これに、ミディアムタイヤを履いたフェラーリの2台が続けてコースインした。

セバスチャン・ベッテルは1セット目の最初のアタック中、ターン13で飛び出すミス。ウィリアムズのロバート・クビサもまた、同じターン13でスピンを喫した。これがイエローフラッグの原因となり、計測中のアレックス・アルボンはアクセルを緩めざるを得ず、2度目のアタックを強いられた。

気を取り直して再度アタックに出たものの、今度はアルボンがリアを滑らせクラッシュ。魔のターン13の餌食となった。車体後方からバリアへと激突したことで、リアエンドがダメージを負い、セッションは6分38秒を残して赤旗中断。アルボンは19番手でQ1敗退を喫した。

FP3で発生したエンジントラブルを受け、パワーユニット交換を強いられたダニール・クビアトは欠場。母国ファンの前でその勇姿を披露することはなく、予選資格を得られずセッションを終えた。

Q1ノックアウト

  • キミ・ライコネン
  • ジョージ・ラッセル
  • ロバート・クビサ
  • アレックス・アルボン
  • ダニール・クビアト

F1ロシアGP特集