日本の千葉県幕張でデモランを行うレッドブル・レーシングF1マシンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブルF1、無料ライブ配信ページ公開!9日13時45分より東京都心を爆走「Red Bull Showrun Tokyo」

  • 最終更新:

F1世界選手権に参戦するアストンマーチン・レッドブル・レーシングが「Red Bull Showrun Tokyo」のライブ配信ページを公開した。2019年3月9日(土)13時45分より、東京都渋谷区明治神宮外苑いちょう並木において、レッドブルのF1マシン2台がデモランを実施。その様子を無料生中継する。

ステアリングを握るのは、今季レッドブル・ホンダのレギュラードライバーを務めるピエール・ガスリーとマックス・フェルスタッペン。2019年のF1マシン「RB15」のカラーリングを纏った2台のショーカーで東京都心を爆走する。

レッドブルは長年に渡って世界各国でF1マシンを使ったデモ走行を行っており、日本では2011年に神奈川県横浜市中区の元町と千葉県の幕張海浜公園で実施。今回8年ぶりに日本での開催が実現した。なお、F1マシン2台が公道を走るのは日本初。

既に事前申し込みが必要な優先エリアは受け付けを終了。フリー観戦エリアで見ることも可能と発表されていたが、フリーエリアが定員に達したため入場規制が実施されている。チケットを持っていない方は入場できないため注意されたい。

「日本のファンのみんな、東京で会えるのを楽しみにしている」とマックス・フェルスタッペン。ショーランに向けてファンにメッセージを発信した。「日本の熱狂的なファンの皆にドーナツターンを見せたいと思ってる。楽しみだ」

「日本のみんな、コンニチワ。いつも応援してくれてる日本のファンに会えるのが楽しみだ」とピエール・ガスリー。「みんな本当に最高だし、いつも元気をもらってる。3月9日に会場で会おう。アリガトウゴザイマス」