2021年レッドブル・ジュニア・チームのドライバー達copyright Red Bull Content Pool

目指せF1!角田裕毅に続くのは誰だ?レッドブルジュニア、 岩佐歩夢含む2021年ドライバーと参戦計画を発表

  • Published:

世界屈指のレーシングドライバー育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」が2021年の支援ドライバーと個々の参戦計画を明らかにした。F1昇格を決めて”卒業”した角田裕毅に代わり、大阪府出身の19歳、岩佐歩夢(いわさあゆむ)が新たに加入する。

岩佐歩夢は2019年末にHondaの育成ドライバープログラム「HFDP(ホンダ・フォーミュラドリーム・プロジェクト)」に選ばれ、ホンダの支援の下、昨年のフランスF4選手権に参戦し、9勝を挙げてF4チャンピオンの佐藤蓮を抑えチャンピオンに輝いた。

一般的にフランスF4チャンピオンはルノーの育成傘下に加わる事が多いが、岩佐歩夢は別の道を歩む。2021年はレッドブル・ジュニアチームとホンダ双方のサポートを得て、ハイテックGPからFIA-F3選手権とF3アジア選手権に参戦する。チームメイトは米国出身の15歳ジャック・クロフォードで、レッドブルジュニアの2名がステアリングを握る。

岩佐歩夢は同様の環境で腕を磨き、今季アルファタウリ・ホンダでデビューを飾る角田裕毅の背中を追って日本人F1ドライバーを目指す事になる。

その他にF3に参戦するのは、2年目のシーズンをプレマパワーと共に戦うノルウェー出身の17歳デニス・ハウガーと、2020年のADACフォーミュラ4を制してステップアップを果たす英国出身の16歳ジョニー・エドガー、そしてロードレース世界選手権王者のマイケル・ドゥーハンを父に持つジャック・ドゥーハンだ。

ジョニー・エドガー、2019年7月5日~7日にハンガロリンクで開催されたイタリアF4選手権第3戦にて
ジョニー・エドガー、2019年7月5日~7日にハンガロリンクで開催されたイタリアF4選手権第3戦にて

ジャック・ドゥーハン、2019年4月7日にマレーシア・セパンで開催されたF3アジア選手権にて
ジャック・ドゥーハン、2019年4月7日にマレーシア・セパンで開催されたF3アジア選手権にて

昨季のF3タイトル争いを繰り広げたニュージーランド出身の18歳リアム・ローソンと、エストニア出身の20歳ユーリ・ビップスはそれぞれ、F2フル参戦へのステップアップを果たす。ユアン・ダルバラは昨季同様、カーリンから2年目のF2を戦う。

なおローソンは、元レッドブル・ホンダF1のアレックス・アルボンと共にドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)にも参戦する。

2019年7月5日~7日にハンガロリンクで開催されたユーロ・フォーミュラ・オープンシリーズ第5戦で表彰台に上がったモトパークのリアム・ローソン
リアム・ローソン、2019年7月5日~7日にハンガロリンクで開催されたユーロ・フォーミュラ・オープンシリーズ第5戦でにて

岩佐歩夢と共に新たにレッドブルジュニアに加わった13歳のイギリス人ドライバー、アルヴィッド・リンドブラッド(Arvid Lindblad)はシングルシーターでのデビューを前に、2021年もカート競技を継続する。

レッドブルジュニアチームの公式メンバーは6名で、デニス・ハウガーとジャック・ドゥーハン、アルヴィッド・リンドブラッドの3名はサポートという位置付けとなる。