スターティンググリッドにつく20台のF1マシン、2019年F1カナダGP決勝レースにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1イタリアGP 再びグリッド変動:ライコネン、規約違反でピットスタート…ペレスも降格ペナルティ

  • 最終更新:

決勝レースを目前にして、F1イタリアGPのスターティンググリッドに更なる変動が発生した。アルファロメオのキミ・ライコネンと、レーシングポイントのセルジオ・ペレスの両名が予選を終えて、パワーユニット一式を交換。降格ペナルティとレギュレーション違反によってグリッドが動いた。

イタリアGP最終スターティンググリッド

ライコネンは予選Q3でクラッシュ。ギアボックスがダメージを負い、6戦連続使用の義務を満たせなかったために、5グリッド降格の19番グリットへと後退する見通しであったが、決勝を前にパワーユニット一式を交換する決断を下した。

この個体は、モンツァでワークスフェラーリの2台が新たに搭載した最新型のスペック3エンジン。予選の際に搭載していたPUとは異なるスペックであったため、ライコネンはパルクフェルメ違反となり、ピットレーンスタートが命じられた。スパの週末ではハースの2台とアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィにフェラーリの新型エンジンが投入されたが、これは最新型ではなく”新しいスペック2″であったとみられている。

またライコネンと同様に、予選でエンジントラブルに見舞われたレーシングポイントのセルジオ・ペレスもPU交換を実施。ICE=内燃エンジン、ターボ、MGU-K、MGU-Hの4コンポーネントの封を切った。こちらは信頼性への懸念が高まるメルセデスの最新フェーズ3で、予選時にも同じスペックを搭載していたため、グリッド降格により最後尾スタートとなる。

F1イタリアGP特集