フェラーリのセバスチャン・ベッテルcopyright ScuderiaFerrari

2nd F1テスト初日午前《結果》3強チームが上位独占、トロロッソ・ホンダが4番手で食らいつく

  • 最終更新:

第一回目の公式テストに引き続き、今日3月6日(火)、第二回となるF1プレシーズンテストが始まった。初日午前のセッションを終えてファステストを獲ったのは、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテル。ミディアムタイヤで1分20秒396をマークし86周を走破、暫定トップに立った。

2番手にはメルセデスのバルテリ・ボッタス、ソフトタイヤを履きコンマ2秒遅れでベッテルに続いた。3番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペン。跳ね馬と同じミディアムタイヤを履き、100分の5秒差でボッタスに食らいついた。トップ3のドライバーは全員、85周以上を走り込み、順調にプログラムを消化している。

「3強」チームに続いたのはトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー。黄色のソフトタイヤでベッテルからコンマ5秒遅れの4番手につけた。開始序盤に長くガレージ内に留まった事もあり、周回数は53周と上位3台に比べ多少差をつけられた。ガスリーが記録した1分20秒973は、先週のトロ・ロッソ勢最速をコンマ4秒上回る好タイムとなっている。

6日のカタロニア・サーキットは晴天に恵まれ、セッションは気温13℃、路面温度15℃のドライコンディションでスタートした。照りつける日差しのために、正午には気温19℃、路面温度24℃とさらに上昇。先週の遅れを取り戻すべく、各車精力的に走り込みを行っている。

晴れ渡るカタロニア・サーキット
© Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソ・ホンダが抜群の信頼性を示す中、マクラーレンはこの日もトラブルを抱え、午前中は僅か7周の走行に留まった。セッション序盤、ストフェル・バンドーンがステアリングを握るMCL33が、コース上で突然シャットダウン、停止した。セッションは赤旗中断となり、MCL33はマクラーレンのスタッフとマーシャルによってピットまで押し戻された。

トラブルの原因は不明ながらも、開始早々の時間帯にバッテリー関連の不具合でピットレーンで立ち往生する場面があり、電気系統まわりが疑われる。午前中の殆どをガレージ内で過ごしたが、昼休み直前にかろうじてコースに復帰、遅れを取り戻すべく午後は積極的にコースに出ている。

第二回 F1合同テスト初日午前順位結果

Pos. Driver Team Time Lap
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1分20秒396 86
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1分20秒596 86
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1分20秒649 85
4 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1分20秒973 53
5 ケビン・マグヌッセン ハース 1分21秒298 46
6 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1分21秒588 48
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1分21秒738 42
8 マーカス・エリクソン ザウバー 1分21秒893 56
9 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1分21秒936 37
10 ストフェル・バンドーン マクラ-レン 1分24秒773 7

第二回テスト初日 総合結果