走行の準備をするレッドブル・ホンダのピエール・ガスリー、F1バルセロナテスト2日目copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バルセロナテスト《2日目》総合結果:跳馬勢い止まらず、ホンダ勢はガスリーがクラッシュで終了

  • 最終更新:

2019年F1バルセロナ合同テスト2日目のセッションが2月19日(火)にスペインのカタロニア・サーキットで開催された。1時間のランチブレイクを挟んで、現地午前9時から午後18時まで8時間に渡ってセッションが行われ、マシン開発が遅れているウィリアムズを除く9チームが参加した。

火曜のバルセロナは雲に覆われ、初日と比べて肌寒い一日となった。とは言え午後に向けて徐々に暖かくなり、昼には気温14度、路面温度16度まで上昇。ドライコンディションに恵まれた。

フェラーリのシャルル・ルクレール、F1バルセロナテスト初日
© Ferrari S.p.A.、フェラーリのウェアに身を包んだルクレール

2日目も跳馬の勢いは止まらなかった。この日最速を記録したのは、セバスチャン・ベッテルからフェラーリSF90を引き継いだシャルル・ルクレール。C3タイヤで1分18秒247を記録した。ベッテルが初日にマークした18秒161にはわずかに届かなかったものの、計156周ものマイレージを稼ぎマシンの信頼性を誇示。マラネロに大量のデータを持ち帰った。

2番手タイムはマクラーレン・レーシングのランド・ノリス。周りよりも一段柔らかいC4タイヤを履いて1分18秒553をマークし、103周を走り込んだ。今季のマクラーレンは、昨年の信頼性不足を引きずってはいないようだ。3番手タイムはハースのケビン・マグヌッセン。シートのフィッティングに問題が発生したため、終盤30分は急遽ピエトロ・フィッティパルディが走行を引き継いだ。

レッドブル・ホンダはガスリーがクラッシュ

この日レッドブル・ホンダRB15をドライブしたのはピエール・ガスリー。セッション残り1時間20分のところで、ターン12でスピンを喫した。ホンダのロゴがエンジンカバーに掲げられた車体は、グラベルを乗り越えてバリアに向かってリアから激突。さほど大きなクラッシュではなかったものの赤旗中断。ガスリーの走行は早期終了という結末を迎えた。

第2セクターで自己ベストを更新している事から、アタックラップの最中だったものと思われる。どうもアウト側の芝に乗り上げコントロールを失ったようだが、決してやってはならないクラッシュであった。RB15デビューを飾ったこの日は、最速ルクレールから1.567秒落ちの7番手。当然周回数も伸びずに92周で終わる事となった。

赤旗スタートも、充実のデビューとなったアルボン

もう一台のホンダPUマシン、スクーデリア・トロロッソSTR14はアレックス・アルボンがドライブ。公式にF1マシンを走らせるのはこの日が初めてという事もあり、セッション開始直後のアウトラップでグラベルの餌食に。ほろ苦い思い出で一日をスタートさせた。

F1デビューを果たしたアレックス・アルボン、F1バルセロナテスト2日目
© Getty Images / Red Bull Content Pool

しかしながらその後は順調に周回を重ねて、終わってみれば132周を走破。ルクレールに次ぐマイレージを稼ぎ出した。この日100周を超えたのはこの二人のみであった。午後にはC4タイヤを履いて1分19秒301の4番手タイムを記録。ピットレーンでニコ・ヒュルケンベルグとのニアミスもあったが、充実の一日を過ごしてマシンを降りた。

最多の163周を稼いだメルセデス

ディフェンディング・チャンピオンのメルセデスは、この日も午前と午後でドライバーを分けた。午前にW10のステアリングを握ったルイス・ハミルトンは、74周を走り込んで10番手タイム。午後にバトンを引き継いだバルテリ・ボッタスは89周を走破して6番手。チームとしては何処よりも多い計163周を走り込んだ。

対照的に走行距離が伸び悩んだのがレーシングポイントとハース。この日RP19をドライブしたランス・ストロールは79周。初日を担当したセルジオ・ペレスもマシントラブルの影響で僅か30周に留まっている。マイレージ不足はボディーブローのように効いてくるだけに、少々心配だ。

リアウイングが吹っ飛んだルノー

ルノーR.S.19はリアウイングが吹き飛ぶトラブルに見舞われた。午前を担当したダニエル・リカルドがDRSを開いてホームストレートを走行していたところ、突如リアウイングが宙に舞い上がった。理由は明らかとなっていないが、レギュレーションが変更された事でリアウイングは大型化しており、DRSの作動を制御するアクチュエーターに想定外の負荷がかかったのではと予想される。

午後にステアリングを握ったニコ・ヒュルケンベルグが95周を走り込んだから良いものの、リカルドは僅かに28周。ウォーミングアップで終わってしまった。ポジション的には仲良く8番手と9番手に並んだわけだがリカルド曰く、現在はかなり保守的な仕様で走行しているとの事。開幕オーストラリアは全く違った位置にいるはずだと余裕を見せている。

F1合同テスト1《2日目》総合順位結果

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:18.247 C3 157
2 ランド・ノリス マクラーレン 1:18.553 C4 104
3 ケビン・マグヌッセン ハース 1:19.206 C3 59
4 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:19.301 C4 132
5 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:19.312 C4 101
6 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:19.535 C3 89
7 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:19.814 C3 92
8 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:19.837 C3 95
9 ダニエル・リカルド ルノー 1:19.886 C3 28
10 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:19.928 C3 74
11 ランス・ストロール レーシングポイント 1:20.433 C3 79
12 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:21.849 C3 13