カタロニア・サーキットの様子、2019年F1バルセロナテストcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1合同テスト2日目開始!跳馬好調キープ、トロロッソ・ホンダの新人はいきなり赤旗

  • 最終更新:

F1バルセロナ合同テストの2日目のセッションが19日(火)現地9時、日本時間17時に開始された。グリーンフラッグと同時に、ランド・ノリス、アレックス・アルボン、アントニオ・ジョビナッツィの3人のルーキーがコースインした。

合同テスト2日目午前速報結果

現地バルセロナ午前9時現在の天気は曇り。ドライコンディションではあるものの気温7度、路面温度8度とかなり肌寒い。2日目の今日もまた、ウィリアムズを除く全9チームが各1台ずつ新型車両を投入し、開幕オーストラリアに向けての準備を進めていく。

最初の赤旗となったのは、ブレンドン・ハートレーに代わりトロロッソ・ホンダのシートを掴み取ったアレックス・アルボン。開始2分というところでターン4とターン5の間のグラベルに突っ込み、STR14はピットレーンへとレッカーされていった。その様子は初日のキミ・ライコネンのそのもの。理想的とは言えないデビューランとなった。

とは言え昨日もライコネン以外に、ニコ・ヒュルケンベルグやロマン・グロージャン、タイムシート最速を刻んだセバスチャン・ベッテルでさえスピンを喫しているわけで、決して恥ずかしい事ではない。路面状況もかなり悪い。ただ、これで萎縮しない事を祈るばかりだ。

開始一時間の時点でトップタイムを刻んでいるのは、昨日のセバスチャン・ベッテルからSF90のバトンを引き継いだスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。C2タイヤ=ミディアムタイヤを履いて1分19秒427を記録。暫定トップに立っている。

レッドブル・ホンダはこの日、ピエール・ガスリーがRB15を初ドライブ。順調に走行を続けている。ランド・ノリスはアウトラップを走ったのみでガレージへと戻り、周回数は1。ハースのケビン・マグヌッセンはまだ一度もコース上に出ていない。

F1合同テスト1《2日目》1時間経過速報

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:19.427 C2 11
2 ダニエル・リカルド ルノー 1:21.877 C3 8
3 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:21.916 C3 13
4 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:22.636 C3 14
5 ランス・ストロール レーシングポイント 1:23.126 C3 6
6 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:25.148 C2 10
ランド・ノリス マクラーレン 4
アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1
ケビン・マグヌッセン ハース 0
バルテリ・ボッタス メルセデス
ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー