ピットレーンに停車するハースVF-19、2019年F1バルセロナ合同テストにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

2019年F1バルセロナテスト総合結果:ドライバー及びチーム別最速ラップタイム比較

  • 最終更新:

8日間に渡ってスペインのカタロニア・サーキットで開催された2019年プレシーズンテストが3月1日に閉幕。ドライバー及びチーム、そしてコンパウンド別の最速ラップタイムをまとめる。

スポンサーの意向やパフォーマンス確認といった点において、ある程度燃料を軽くしてのパフォーマンスランを行わずに、開幕の地メルボルンに向かう事は得策とは言えない。正確な勢力図とは言えないまでも、ラップタイムの比較によって、チーム間のおおよその競争力を把握する事は可能だ。

ドライバー別最速ラップタイム

最終日に1000分の3秒差という予選さながらの頂上対決を演じたセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトン、そして今年跳馬へと移籍したシャルル・ルクレールの3名がほぼ互角の戦いを演じ、総合トップ3に名を連ねた。

真っ当に予選シミュレーションを終えられなかったのはレッドブル・ホンダ勢。特にマックス・フェルスタッペンは、7日目のピエール・ガスリーのクラッシュによってマシンが破損した影響で、旧式&手負いのRB15でのショートランしか行えなかった。

なお、ハースのピエトロ・フィッティパルディのみが第一回テストでの計測タイムであり、それ以外は全て第二回テストの7日目・8日目のタイムとなる。

Pos Driver Team Time Tyre Gap
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.221 C5 0
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.224 C5 0.003
3 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.231 C5 0.010
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:16.561 C5 0.340
5 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:16.843 C5 0.622
6 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:16.882 C5 0.661
7 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:16.898 C5 0.677
8 カルロス・サインツ マクラーレン 1:16.913 C5 0.692
9 ロマン・グロージャン ハース 1:17.076 C5 0.855
10 ランド・ノリス マクラーレン 1:17.084 C5 0.863
11 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:17.091 C5 0.870
12 ダニエル・リカルド ルノー 1:17.114 C5 0.893
13 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:17.239 C5 1.018
14 ランス・ストロール レーシングポイント 1:17.556 C5 1.335
15 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:17.639 C5 1.418
16 ケビン・マグヌッセン ハース 1:17.565 C5 1.344
17 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:17.709 C3 1.488
18 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:17.791 C5 1.570
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1:18.130 C5 1.909
20 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1:18.993 C5 2.772
21 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:19.249 C4 3.028

チーム別最速ラップ

チーム別の最速タイムを抜き出してみる。拮抗するフェラーリとメルセデスに続いて、ルノー、トロロッソ・ホンダ、マクラーレンの3チームが、コンマ6秒遅れでこれに続き第二グループを形成。そこから更にコンマ2秒落ちで、ハースとレッドブル・ホンダが第3グループを形作っている。

「全然本気を出していない」と語るキミ・ライコネンのアルファロメオ・レーシングを除くと、レーシングポイントとウィリアムズの2チームが大きく遅れを取っている事が分かる。幸いな事に、最下位ウィリアムズと首位フェラーリとのタイム差は102.505%。予選落ちとなる107%ルールへの抵触を心配する必要はなさそうだ。

Pos Team Time Gap %
1 フェラーリ 1:16.221 0 100.000
2 メルセデス 1:16.224 0.003 100.004
4 ルノー 1:16.843 0.622 100.816
2 トロロッソ・ホンダ 1:16.882 0.661 100.867
6 マクラーレン 1:16.913 0.692 100.908
7 ハース 1:17.076 0.855 101.122
4 レッドブル・ホンダ 1:17.091 0.870 101.141
9 アルファロメオ 1:17.239 1.018 101.336
7 レーシングポイント 1:17.556 1.335 101.751
11 ウィリアムズ 1:18.130 1.909 102.505

コンパウンド別最速タイム

ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは8日間のテストを総括した上で、各コンパウンド間のギャップが0.6~0.7秒である事を改めて発表した。より温暖な気候で、かつ長めのサーキットであれば、0.9秒程度のタイム差を演出するものと思われる。

Tyre Time Driver Team Gap
C5 1:16.221 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0.000
C4 1:16.628 ルイス・ハミルトン メルセデス 0.407
C3 1:16.720 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0.499
C2 1:18.097 ルイス・ハミルトン メルセデス 1.876